9月27日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、46年間続いた『パネルクイズアタック25』(朝日放送制作・テレビ朝日系)の話題となった。番組では、放送終了の背景として、局が若者層に向けたコンテンツ制作を重んじるようになったほか、視聴者参加型の番組は配信時に権利関係がややこしくなるといった諸事情を報じた『朝日新聞』(朝日新聞社)の記事も取り上げられた。

 『アタック25』と言えば、1975年の放送開始以来、俳優の児玉清さんが司会を務めてきた。その司会ぶりは博多華丸がものまねのネタにするほど知名度があった。2011年の児玉さんの死去後は、朝日放送の浦川泰幸アナウンサーを経て、2015年からは俳優の谷原章介が司会を務めてきた。

 ​>>マツコ「空気作る人はウザい、関わらないのが一番」後輩に気遣うタイプに嫌悪感?<<​​​

 マツコ・デラックスは番組の思い出として、「あの時間(日曜の午後)に『アタック25』を観ている一人の私って何か気分良くない?今週『アタック25』観ちゃったって」と語り、「最後の当てる(クイズ)のもちょっと真剣にやったりとか」と話していた。これには、ネット上で「確かに日曜午後のまったりとした時間に合う番組だったな」「最近観てなかったけど、なければないで寂しいかも」といった声が聞かれた。

 さらに、マツコは冒頭のトークでは、最近のテレビ番組制作の裏事情に言及する場面も。MXの楽屋に用意されるお菓子の内容に不満を漏らす若林史江に、マツコは「でも、お菓子置かれるだけでいいと思う。キー局だってそういうの無くなり始めてる現場あるからね」と現状を暴露。これに元テレビ東京の大橋未歩アナウンサーも「飲み物もなかったりしますからね」と共感を寄せており、最近の共通する傾向なのだろう。マツコは「お弁当なんて深夜番組なんて出ないし」とも話していた。

 これには、ネット上で「本当テレビって予算が無くなっているんだな」「マツコしっかり見てるな。こういうところからも厳しい事情がわかるわ」といった声が聞かれた。