10月6日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に、さらば青春の光の森田哲矢が出演した。この日はラランドのサーヤ、武井壮と共に「フリー芸能人&フリー芸人」として芸能界をサバイブして行く苦悩が語られた。

 森田の相方の東ブクロは、今年4月に一般人女性を二度妊娠させたスキャンダルが報じられた。これは前回の番組出演直後に起こしたもので、森田は「もうちょっと、スキャンダル起こしてない側で好感度上がるのかなと思ったら、ダダ止まり。ネットでは、あの件リークしたの森田じゃないかって書かれてるけど、そんな訳ない」と話していた。

 ​>>女性トラブルのさらば・東ブクロ、今度は人妻とのキスで緊急謝罪?「不倫は犯罪ではない」トレンド入りも<<​​​

 そして、ラランドのニシダを引き合いに出し、「ニシダはエンタメクズ。こっちはエンタメにしないクズ」と比較。これには、オードリーの若林も「社会的なクズだもんね」と共感を寄せていた。ネット上では「エンタメクズ、笑った」「これはズバリな一言だな」といった声が聞かれた。

 また、森田は現在も東ブクロに対し、「ヒアリングはマネージャーも入れて定期的に行っている。『どうですか最近、記事になりそうなことはあるんですか?』」とスキャンダルを警戒しているようだ。それでも、「事務所に週刊誌から電話かかってきて、あと10件ほどありますけども。どうして行くおつもりですか?」と聞かれたこともあるという。森田は東ブクロを問い詰めるも、「何が怖いって『分からない』って言い出したんですよ」と裏話も暴露していた。これにも、ネット上で「ブクロさんあと10件あるのはヤバすぎるやろ」「マジでネタにできないレベルだな」といった声が並んだ。

 さらに、森田の事務所は給料を東ブクロとマネージャーで三等分しており、役員報酬扱いのため月ごとに上下せず、1年ごとに決める。そのため、森田は「今年の給料めっちゃムズい。ブクロがどれくらい復帰するのか」と話していた。このほか、「濃厚接触者になって2週間休んだ。その間ブクロより働いていた。リモートやら何やらで」といったエピソードも話しており、森田の専らの悩みは相方の扱いのようだ。