10月21日深夜放送の『ナインティナインのオールナイト』(ニッポン放送系)で、31日に横浜アリーナで開催される「ナインティナインのオールナイトニッポン歌謡祭」へ向けてのリハーサルの様子が語られた。

 矢部浩之は、このイベントにデビュー曲『スタンドバイミー』を伴って歌手としても出演する。早速リハーサルをしてきたようで、「今日歌って来て、歌う曲を合わせるやんか。一気に喉使う感じ。ちょっと枯れてもうたの」と曲だけを合わせていったところ、喉が枯れてしまったエピソードを披露。やはり、お笑い芸人と歌手では喉の使い方が異なるのかもしれない。

 ​>>ナイナイ岡村、オードリー若林に「根に持ってる」? 矢部の『あちこちオードリー』出演巡る誤解に焦り<<​​​

 これには、岡村隆史から「大丈夫ですか。本番。スタンドバイミー」とまで心配されていた。矢部は「2時間位ずっと歌ってたら枯れた。大変やと思う。本番連続でがーっと歌わないやん」ともコメント。

 この日の放送では喉を守るため、スタジオの矢部の前には加湿器が設置された。岡村がその様子を「煙がわっさー出てますけど、これまたアーティスト仕様ということですか?」とイジると、矢部は「ありがたいけど、テーブルびちょびちょやねん。加湿されすぎて」と困惑した様子。

 さらに、岡村は自分の加湿器について、「確か買ったんですよ。前にアッコさんのを勝手に使ってて、やばいなと思って。アッコさんの使ってた加湿器を黙って使っていて。それよくないんじゃないんですかとなって、新しいの買ったんですよ」と話した。岡村は和田アキ子が『ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回』で使用している加湿器の無断使用をさらっと暴露していた。

 これには、ネット上で「岡村さん、どえらいネタぶちこんできたな」「勝手に使ったならまた怒られるんでは」といった声が聞かれた。ナイナイは矢部の歌手デビューに関して、和田から公開生電話で説教を受けたこともあり、今後の展開も気になるところだ。