先ごろ、一部スポーツ紙が、女優の戸田恵梨香が今年12月にクランクイン予定だった映画と来年4月スタートの主演ドラマを「精神的な不調」を理由に連続降板していたことを報じたが、その後、26日までの時点で所属事務所はその件についてスルーし続けている。

 記事によると、そうなる予兆はあったようで、戸田は7月期に放送された日本テレビ系ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」で永野芽郁とW主演を務めたが、9月の撮影終盤になって、スケジュールが戸田の都合で度々変更に。そのため、周囲の人たちも心配していたという。

 「事務所が説明しないものだから、各メディアはあれこれ書き立てた。昨年12月に俳優の松坂桃李と結婚した戸田だが、以前から早く子どもをほしがっていた。そのため、妊娠説を書き立てたメディアもあったが、どうやらその可能性は低いようだ」(テレビ局関係者)

 ​>>戸田恵梨香、ストイック過ぎて限界を超えてしまった? 映画、主演ドラマを降板したワケは<<​​​

 もともと、ストイックな性格で知られていた戸田だけに、必要以上に自分を追い込み過ぎてしまったのかもしれないが、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が休養の背景にあった2つの要因を挙げている。

 1つは、6年ほど前に意気投合して以来の親友だった女優の水川あさみとの〝決別〟。その原因はここ数年で水川の言動が変わったことのようで、水川は「コロナは陰謀だ」などと不可解な言動が増え、戸田が距離を取るようになったのだとか。

 さらに、水川がインスタグラムで過去に投稿していた戸田との写真を削除。同じ時期に撮影したベッキーや近藤春菜との写真はあるのに、不自然に戸田の写真だけ削除したというから穏やかではない。

 そして、もう1つが最愛の父親の死去。昨年5月に亡くなったというが、その喪失感を埋めるべく仕事を詰め込んだところ、大きなストレスを抱え込んでしまったかもしれないという。

 「松坂との新婚生活は充実しているはずだが、松坂に負担をかけないようにいろいろ相談することができなかったのでは。松坂はしばらく大きな仕事が入っていないので、戸田の心を癒してあげられそうだ」(芸能記者)

 戸田は焦らずにゆっくり休養してほしいものだ。