10月1日からスタートした安住紳一郎アナ司会の朝の情報番組『THE TIME,』(TBS系)。放送開始から1カ月、現在の“支持率”はどんなものなのか。ビデオリサーチは1部(朝6時台)と2部(7時台)の2種類出しているので、2部の7時台に統一してみていこう。

 ​>>爆問太田、安住アナ新番組の画期的なアピール方法に驚き「外に宣伝しろって話だよな」<<​​​

 1日の放送初日は世帯視聴率6.5%、個人3.4%となっている。前枠で放送されていた夏目三久司会の『あさチャン!』(同系)は世帯4%前後、個人は2%程度で、1.5倍になった形だ。だがそんな『THE TIME,』も1週間後の8日の数字は世帯5.2%、個人2.7%と落ち込んでしまっている。

 対して『ZIP!』(日本テレビ系)、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)、『めざましテレビ』(フジテレビ系)といった裏のライバル番組も最初こそ割りを食ったものの、復調気味ではある。「好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)で5連覇し、殿堂入りしたTBSの大エース・安住アナでさえも、視聴習慣の壁に阻まれたということか。
 
 そんな『THE TIME,』は10月25日から、番組構成を複雑ではあるが一部入れ替えている。朝6時台、アニメから始まるオープニングを廃止。さらにそれに続くニュース・エンタメのトピックスを伝えるコーナー『TIME,TODAY』を後ろにズラしている。

 逆に、もともと6時前に放送されていた「ニッポンの朝がみえる!」という列島の生中継リレーを、6時ちょうどに放送するようになった。これは各系列局のアナウンサーが、今朝の地元の気温など様子を伝えるものだ。

 7時台も同じように各系列のアナウンサーがリポートするコーナーがあるが、これも、以前は6時50分台に放送されていたものだ。列島中継はその昔、『ZIP!』の前身番組である『ズームイン!!朝!』(日本テレビ系)が始めたものとされている。安住アナと地方局のアナウンサーの掛け合いは、『ズームイン』時代を知らない視聴者には新鮮に映るようで好評のようだ。
 
 そんな中継ではアナウンサーが池に落ちたり、撮影していたカメラマンが転倒するなどのハプニング要素もあり、ここから名物キャラが飛び出す可能性もある。

 現在の『THE TIME,』の視聴率はというと、10月28日は世帯5.7%、個人3.0%となっている。対して『ZIP!』は世帯8.0%、個人4.6%、『めざましテレビ』は世帯8.4%、個人4.6%、『グッド!モーニング』は世帯8.6%、個人4.8%と、テレ朝・フジ・日テレの順で、最下位は相変わらず『THE TIME,』だ。ただ一定数のファンがいることも確か。安住アナと系列局の掛け合いが定着していけば、番組にも勢いが生まれそうだ。