空気階段の鈴木もぐらと水川かたまりが12日、「よみうりランド」で行われた新施設「SPACE factory」のオープニングセレモニーにタレントの黒田有彩と出席した。

 >>全ての画像を見る<<

 よみうりランドの遊園地エリアの「グッジョバ!!」内にオープンした新しいジェットコースターに試乗するためイベントに登壇した鈴木と水川だが、いざ試乗の際に鈴木がウエストのサイズオーバーを理由に、施設側から乗車を断られるハプニングが起こった。栄養ドリンク剤『リポビタンD』のリポ博士のコスプレまでしてかけつけていた鈴木だが、これには申し訳なさそうな表情。

 鈴木は「今ウエストが130あるので、きつかったようです。あと2センチ細かったらいけたみたいです」と事情を説明。「『キングオブコント』の賞金で牛丼とか今までは並だったのに卵、おしんこや大盛りも付けてしまったりしているので、そのせいかもしれないです」と太った理由も分析し、「次回はシェイプアップして帰ってきたいです。心残りはダイエットですね」と謝罪。「僕は自分に甘い人間。今後は健康にも気をつけたいです。(リポビタンDのCMに出演していた)渡辺裕之さんのようなスタイルをめざして頑張っていきます」と反省しきりだった。

 水川はこの日のイベントが空気階段として初のイベント出演だと明かし、「こういうイベントに出るのは初めて。人もこんなにいっぱい。『キングオブコント』優勝で明確にちやほやされるようになりましたね」とご機嫌。ジェットコースター試乗に関しては「ジェットコースターは大の苦手。ガクガクブルブルです」とおどけつつ、「(完成後に試乗する)第一号ということで光栄な役割です」とにっこり。

 試乗後に感想を問われると、「(宇宙モチーフのアトラクションなので)宇宙船に乗り込んだような気分でした。今は地球に帰還した気分。本当に怖かったです」と感想を述べ、「思ったよりスピーディーで、中も宇宙空間になっていて、宇宙に投げ出されたような浮遊感がありました」と満足げ。

 「僕は非常にジェットコースターが怖いんですけど、多分お子さんでも楽しめると思います」と同アトラクションの魅力にも太鼓判を押し、大役を無事遂行。プライベートでは車の免許を取得中だとも明かし、「母親にポーッとしているから免許取っちゃダメって言われていたんですけど、ようやく許可が下りたんです。頑張って通いたい。免許を取ったら一番にNASAにいきたい」と話した。

 黒田も別のアトラクションに試乗。「小さい頃から遊園地が大好き。できるだけGを感じたいと思って生きて来たので、こういう場所に来るだけでワクワクします。兄が二人いて兄の方が身長が先に伸びるので、まだ小さかったわたしは、自分もジェットコースターに乗りたい気持ちから、関節をギリギリ伸ばして入り口を通してもらうためのせめぎ合いをしていたことを思い出します」とジェットコースターにまつわる思い出話などを語っていた。

(取材・文:名鹿祥史)