俳優の成田凌が、来年1月スタートの日本テレビ系ドラマ「逃亡医F」(土曜午後10時〜)で主演を務め、ゴールデン・プライム帯(午後7時から11時)の連続ドラマで初主演を務めることを、各メディアが報じた。

 記事によると、同ドラマは伊月慶悟氏の同名コミックが原作の「サバイバル」と「ドクター」を掛け合わせた異色のサスペンス。成田が演じる主人公・藤木圭介は、卓越したオペ技術を誇る脳外科医だが、恋人殺害の容疑をかけられ、真相を突き止めるために逃亡。その道中でも患者がいれば、命を救おうと尽力し、指名手配犯の濡れ衣を着せられても、医師の使命を果たす役どころだという。

 クランクインを前に、成田は「素晴らしい脚本と、共演者の方と、スタッフのみなさんに恵まれて…あとは自分が頑張るだけですね」とコメントを寄せている。

 >>ロケ中、和牛に反発?「嫌です」 若手女優の『ヒルナンデス』の態度に批判「失礼すぎて不愉快」<<

 「土曜午後10時といえば、以前はジャニーズ事務所のタレントの主演作ばかりで〝ジャニーズ枠〟とも言われていたが、最近はほかの事務所のタレントの主演作が多い。視聴者も同じ顔触ればかりだと見飽きたはずで、映画では主演を務めている成田の起用は当たるのでは」(テレビ局関係者)

 この発表に先立ち、一部メディアが報じたとろによると、ヒロインには成田の所属事務所と業務提携している女優の森七菜が決定済み。成田の逃亡を手助けする謎の女性を演じるというのだ。

 「森といえば、今年1月に移籍騒動が勃発。前の事務所との契約が残っているにもかかわらず、強引に移籍を進めるルール破りを侵し、若くしてお騒がせ女優になってしてしまった。そのため、なかなかオファーがなかったが、晴れて前の事務所との契約が切れるのを待って、成田とのバーターながら女優業再開となりそうだ。おそらく、業務提携という形から、正式に所属となるのでは」(芸能記者)

 森はようやく堂々と演技ができそうだ。