11月18日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、大先輩からのありがたいアドバイスに関してトークが展開された。

 番組ではサバンナの八木真澄が、先輩芸人である間寛平、村上ショージから伝授されたギャグの秘訣を紹介した記事が取り上げられた。村上は見たものを高い声で叫ぶよう意識しているという。

 これを受けNEWSの小山慶一郎は「大阪の番組でさんまさんと同じ収録日あるんですけど。さんまさんの楽屋にお二人(間と村上)がいるんですよ。ごあいさつしようとすると、やっぱり高い声で叫んでました」と裏側を語った。明石家さんまは、収録と普段のテンションが変わらないのはよく知られているが、公私共に仲の良い村上も同様のようだ。これに、ネット上では「ショージさんどこでもそうなのか」「これは貴重な証言では。大阪っていうのがいいね」といった声が聞かれた。

 ​>>NEWS小山、マッチングアプリは「実際に会ってみなきゃわかんない」待ち合わせの男女を目撃<<​​​

 さらに小山は、ジャニーズJr.時代のエピソードも披露。「僕がJr.の時に一番後ろの端っこで踊っていた。メインのセンターの人が前の方にいて、一番真ん中で歌っていたのが滝沢(秀明)くんだったんですね。滝沢くんがはけるときに、僕のおけつをとんとたたいて『このままだとバックで終わっちゃうぞ』『もっと前へ出ろ』と言ってくれて。僕それをずっと覚えていて、どこでも見てくれている人がいるから一生懸命やるってことを学んだ」と語っていた。ジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長が見せた、アイドル時代の粋な計らいというべきものだろう。

 ネット上では「滝沢くん、すごい優しいわ」「こんなこと言ってもらえたら誰でも頑張ろうって思えるんじゃないかな」「滝沢先輩の話とても好き…幼きJr.小山さんがいろんな先輩達に目をかけてもらってた類の話とても好き!」「小山さんの口から滝沢くん!鳥肌。昔から、しっかりしててみんなを見てくれてる人だったんだ」といった反応があった。