テレビ朝日系の「相棒」シリーズで水谷豊演じる主人公・杉下右京の4代目相棒役を務める反町隆史が、来年3月まで放送されるシーズン20を以って卒業することを、各メディアが報じた。

 すっかりテレ朝の看板シリーズとなった同ドラマは、警視庁内で「人材の墓場」と揶揄される「特命係」に所属する警視庁の警部・右京が、相棒とともに事件を解決していく物語。

 2000年のスタート以来20年以上続く人気シリーズで、過去の歴代の相棒は寺脇康文、及川光博、成宮寛貴、そして、反町。中でも反町演じる冠城亘は法務省から出向し、自らの希望で「特命係」に異動してきた異色の存在だ。

 ​>>周囲がヒヤヒヤでも反町隆史が水谷豊に愛される理由 歴代『相棒』パートナーとの大きな違いは<<​​​

 「もともと、水谷さんは成宮さんを気に入っていましたが、薬物使用疑惑報道で芸能界を引退。そんな経緯があって白羽の矢が立った反町さんですが、水谷さんとすっかりウマが合ってしまいました」(テレ朝関係者)

 記事によると、反町は2015年10月スタートのシーズン14から出演し約7年で、24日放送の第7話で寺脇を抜き、歴代相棒最多となる125回の出演記録を打ち立てる。
 しかし、反町は自ら卒業を切り出したそうで、「卒業について直接話した時、水谷さんがおっしゃったのは、『分かった』の一言でした」と明かしたという。

 「初回の世帯平均視聴率は15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)でスタートした今シーズンだが、数字は今ひとつで、17日放送の第6話は今シーズン最低の11.0%。シリーズのファンでさえマンネリに飽きているような状態で、反町もその気配を察知、自ら身を引くことで少しでも数字のアップにつながればと考えたのでは」(放送担当記者)

 発表後、初の放送となる24日の視聴率、そして、反町の後任も大いに注目される。
 「以前、史上初の女性相棒として仲間由紀恵が浮上していたが、育児と仕事を両立しなければならないので、難しいだろう。そして、元SMAPの稲垣吾郎も浮上していたが、状況からして稲垣が本命では」(芸能記者)

 新相棒の発表が待たれる。