火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)の第7話が11月30日に放送され、平均視聴率が9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第6話の9.2%からは0.6ポイントのアップとなった。

 第7話は、百瀬(坂口健太郎)が仕事相手として出会ったインフルエンサー・野上香菜が美晴(倉科カナ)とそっくりという事態に。香菜は百瀬に気があるようで、あの手この手でグイグイ迫り、SNSでも匂わせ投稿連発。最初は気にしていなかった明葉(清野菜名)だったが、美晴のソックリさんだけでは済まない事態に発展してしまい――というストーリーが描かれた。

※以下、ネタバレ含む。

 ​>>『ハンオシ』借金を返さない主人公にドン引き? 母役・杉本彩は「1人だけまとも」と好評<<​​​

 倉科カナが一人二役を演じることになった第7話。香菜は美晴を超える嫌な女で、明葉不在の自宅に上がり込んだり、2人が偽装結婚と知って、「私あなたよりここにはまると思う」「そのポジション代わってもらえません?」と宣言するなどのシーンが描かれた。

 美晴が直接悪意をぶつけないマウント女だったのに対し、香菜は直接攻撃型。ネット上からは2人に対し、「美晴はまだ可愛げあるけど、香菜は本当に性格悪すぎ」「美晴さんが静かに忍び寄る恐怖なら、香菜さんは真正面から向かってくる恐怖」「美晴は自分に自信あるけど、香菜はそれがない分攻撃的だった気がする」といったさまざまな声が上がっていたが――。

 「一方で注目を集めたのは、倉科が嫌な女2人を演じ切ったこと。香菜にイライラとすると同時に倉科の演技力に驚いた視聴者も多かったようです。同じ“嫌われ女”でありながらも微妙な演じ分けをした倉科に、ネット上からは『倉科さん悪役上手に演じてるな』『よくこんな役引き受けたよ』『嫌だろうによくやってる』『ここまで嫌な女できるのすごい』『倉科カナを見せたいだけのドラマ』という感心の声が集まっています」(ドラマライター)

 これまでもヒロインのライバル役が多かった倉科。もはやそのポジションで女優としての位置を確立しつつあるようだ。