年末の恒例のトピックとして芸能人の離婚発表がある。ワイドショーの放送や、週刊誌の刊行が休みとなるため、騒がれにくい年末を狙うとも言われている。

 2019年末にはFUJIWARAのフジモンこと藤本敏史と木下優樹菜が離婚を発表。元フジテレビの大島由香里アナウンサー、女優の木村文乃らの離婚も明らかになっている。

 今年もテレビ局プロデューサーとの不倫疑惑がささやかれる熊田曜子と一般人男性、別居が報じられている小倉優子と歯科医師の男性らの離婚の可能性が一部ネット上でささやかれている。

 ​>>フジモン「俺が離婚してから明るくなった」不仲芸人の変化を暴露 ナイナイは仲直りを進言<<​​​

 芸能人の離婚で涙を誘ってしまったのがフジモンのケースだ。フジモンは12月31日に離婚を発表。しかし年が明けてからも、前年のうちに撮りだめしたとみられるVTRが『水曜日のダウンタウン』『東大王』(ともにTBS系)や『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などで延々と流れ続けた。フジモンの左手の薬指にキラリと光る「結婚指輪」が気になる視聴者は多く「なんだか見ていると悲しくなってくる」「もうこの時に離婚は決めていたんだろうけど、誰にも言えなかったんだろうな」といった声が聞かれた。中にはフジモンの表情の暗さを指摘する声もあり、やはり顔には出てしまっていたのかもしれない。

 さらに、有吉弘行はフジモンが離婚発表する直前の30日深夜、生放送された『クイズ正解は一年後』(TBS系)に出演。その後、フジモンに「ちょっと食事へ行こう」と誘われたという。深夜のため、有吉は断ったが「多分そういう(離婚の)話をしたかったんだろうね」と、翌年1月のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で振り返っていた。

 ある程度コンスタントにテレビ番組に出演する芸能人が離婚した場合「フジモンの指輪」のような悲しい事態が起こってしまうのは避けられないと言える。来年はどんな風景が出現するのか気になるところだ。