新火曜ドラマ『ファイトソング』(TBS系)に、ドラマファンから早くも心配の声が集まっている。

 ​>>大先輩の石田ひかりへの態度に「失礼すぎてビックリした」「素だとしたらやばい」の声 後輩女優に批判<<​​​

 2021年上半期放送のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインを務めた清原果耶が主演の本作。『おかえりモネ』で恋人役を務めた俳優の坂口健太郎が出演するドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)とバトンタッチをしたことでも話題となった。

 児童養護施設で育ち、空手の日本代表をめざしていたが、選手の夢を絶たれて無気力な日々を送るヒロイン・花枝が描かれる『ファイトソング』。今、最も注目されている若手女優の一人になった清原にとって、民放ドラマ初主演作となるが――。

 「清原と言えば、18年に主演を務めた『透明なゆりかご』(NHK総合)での演技が大絶賛され、19年上半期に出演した朝ドラ『なつぞら』で主演の広瀬すずを食うほどの演技を見せて話題に。『おかえりモネ』でも大きな期待を集めていました。しかし、蓋を開けて見るとしょっちゅう思い悩み、自分の感情を表に出すこともなく、笑顔も極端に少ないヒロイン・百音が『暗すぎる』『陰気すぎ』『憂鬱になる』と朝ドラファンの間で物議に。ストーリーの地味さも相まってあまり評価されず。それがそのまま清原の評価にも繋がってしまいました」(ドラマライター)

 ストーリーだけ見れば明るい『ファイトソング』だが、ネット上からは「必要以上に暗くなりそう」「明るいヒロインでも暗く演じるのが清原果耶」「ボソボソ喋りの清原果耶にスポーツ少女は似合わない」という声が集まっている。

 「一方、相手役は間宮祥太朗、花枝の幼馴染を菊池風磨が発表されており、2人には女性視聴者からの数字が期待できます。特に間宮と言えば、今年1月期に放送された『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)でヒロインに想いを寄せる“ドSの先輩”を演じ、多くの女性を虜に。恋のライバル役を演じた玉森裕太に負けないほどの人気を集めていました。そのため、ネット上からは、『間宮祥太朗目当てで見る』『「ボス恋」並みのキュンに期待』『今度こそヒロインと結ばれてほしい』といった声が。期待を集めています」(同)

 賛否両論集まっている本作。果たして、清原は“暗いヒロイン”を脱却することができるだろうか――。