タレントのビートたけしが18日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に生出演。数日前に発表されていた番組降板について語った。

 ​>>劇団ひとり、たけし役に柳楽優弥を選んだ理由を明かす「かわいそうでした」演出法に大泉洋も同情?<<​​​

 冒頭、同局の安住紳一郎アナウンサーがたけしが降板すると報じたスポーツ紙の記事を紹介。

 それを受け、たけしは、「来年になると、俺、もう後期高齢者になって。ちょっと体のことを考えると、本当に生放送の(午後)10時からというのは申し訳ないけど、体がきつくて。だから番組を辞めたいって言ったんだけど」と切り出した。

 また、「もう年だから、自分のレギュラー何本かあるけど徐々に外していって。あとはまあ、適当に映画を撮って。まだ映画、編集が終わっていないやつあるし。だから安住さんたちには申し訳ないけど、生っていうのはもう体がつらいっていうのがあって。それが第一の理由」と補足した。

 「実は新作映画『首(仮題)』はクランクアップしているが、制作サイドとの衝突で編集作業が進まず、公開日が未定のまま。生放送を降板して時間をつくらないと完成することができない状態なのでは」(映画業界関係者)

 頭を悩ませている模様のたけしだが、実はまだTBSとの間に〝火種〟があったというのだ。

 「一部週刊誌が報じたが、TBSとは、往年の人気番組『風雲!たけし城』の権利を巡り意見が対立しているとの情報もある。大人気だった視聴者参加型のアトラクションバラエティー番組だが、ほかのバラエティーには参考になる要素がたっぷり。たけしは今の妻と一緒になってから、それまで無関心だった権利関係にいろいろ口うるさくなったので、それが原因でTBSともめることになったのでは」(芸能記者)

 そのうち、新たなトラブルが表面化するかもしれないが、なんとか新作映画は完成させてほしいものだ。