ここに来て、本業である女優業以外で稼ぎまくっていることが判明したのが本田翼だ。

 ​>>清野菜名だけじゃない! ドラマ出演中に妊娠発覚の女優、出番激減で大御所も激怒?<<​​​

 昨年12月、ニホンモニターがCM出稿状況(2021年1月〜11月)を基準に、「2021年タレントCM起用社数ランキング」を発表。本田が計16社で1位に輝いたが、出演するCMはナショナルクライアントばかりだ。

 「ギャラは抑え気味で、1社あたり約2000万〜3000万円前後と言われているが、それがオファーが殺到した理由。最低で見積もっても、計16社で3億2000万円。そこから自身の収入は7000万〜1億円ほどとみられる」(広告代理店関係者)

 得意のゲーム実況動画などを投稿している、人気の自身のYouTubeチャンネルの登録者は200万人を超えている。

 「もともと、インドア派の本田にとっては、趣味と仕事が両立できているようなもの。にもかかわらず、YouTube関連だけでの年収は1億円とも言われている」(芸能プロ関係者)

 昨年10月期に放送された、レギュラー出演をするドラマシリーズ「ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)の最終回では、今年4月29日に劇場版が公開されることが発表されたが、この作品で本田は女優業を休止するのでは、と言われ始めているというのだ。

 「もともとモデルで、演技はズブの素人のところから作品を重ねたが、いまだに〝棒演技〟と揶揄されることが多い。要は演技のセンスがなく、本人もそれを自覚。なので、交際が報じられている研修医の彼氏とゴールインして、彼氏が1人前になるまで本田が面倒を見るような流れになるのでは。女優業をセーブすれば、撮影現場で拘束される時間が減るので、彼氏と一緒にいる時間が増え、悠々自適な生活を送ることができるようになる」(芸能記者)

 いずれにせよ、これだけ稼いでいれば、本田は女優業に未練がなさそうだ。