9月30日に、23年間所属した大手芸能事務所・研音を退社した女優の片瀬那奈だが、今月に入ってSNSを開設しYouTuberデビューを果たした。

 ​>>片瀬那奈、事務所に虚偽の報告をしていた? かばいきれなくなって退所か<<​​​

 親友で女優の沢尻エリカが薬物事件で逮捕されるなど、以前から薬物疑惑がささやかれて〝グレーゾーン〟扱いされていた片瀬。

 今年7月には同棲相手がコカインで逮捕され、片瀬も家宅捜索や尿検査を受けており、検査結果は陰性だったにもかかわらず、事務所に「受けていない」と説明。

 事務所はそのことを一部報道で知ることになり、表向きには円満退社であることを発表していたが、事実上の契約解除に踏み切ってしまった。

 「芸能界での交友関係は広く、事務所の先輩にもかわいがられていたはずだが、特に、引き留める動きもなく、ほかの事務所からも声がかからず、やはり〝グレーゾーン〟のままでは危なくて所属させられない」(芸能記者)

 契約解除後、公式SNSはすべて閉鎖されたが、12月15日、突如ツイッターアカウントを開設し、《12月17日(金)20時から生配信をします。ぜひ見てください!》と告知。

 そして、迎えた生配信。片瀬は、『すっごいユーチューブが好き。毎日欠かさず見ている』と告白するなどノリノリ。

 疑惑については、『憶測でいろんな記事が出たりとか、渦中の時、つらかったし悲しかったし悔しかった』と吐露。同時に『事務所の方には申し訳ないと思った』と改めて謝罪した。

 「結局、視聴者数はわずか850人ほど。YouTube開設から1週間での登録者は1万人を超えたが、これが、世間での現在の片瀬の人気・知名度の実態。所属事務所にブッキング力があったから、数々の映像作品にも出演できたり、情報番組のMCをこなせていたが、片瀬本人は無力。初の生配信で、そんなことを嫌というほど思い知らされたのでは」(テレビ局関係者)

 片瀬はいばらの道を歩み始めたようだ。