KAT-TUN(亀梨和也、上田竜也、中丸雄一)が29日に行われた『第72回NHK紅白歌合戦』のリハーサル2日目に登場。『Real Face #2』で紅白初出場となる彼らが、報道陣を前に見事な掛け合いを見せて爆笑を起こした。

 >>朝ドラで活躍のKing&Prince永瀬廉に「合いの手がうまくなった」平野紫耀が絶賛! それぞれを褒め合い紅白意気込み<紅白リハ><<

 3人はデビュー以来していなかったという手を『K』にしたKAT-TUNポーズで写真撮影。デビュー当時はいわゆる反抗期で、これまでやる機会がなかったポーズだと振り返る中、亀梨は「丸くなったかなー」と笑顔を浮かべた。

 いよいよ報道陣からの質問タイムとなったものの、中丸が質問者の居場所を見失う場面が。ステージ真横にいたにも関わらず、見つけることができない中丸が「前だけ(カメラの方向)しか見ていなかった」と弁明すると、亀梨は「最近『ジャにのちゃんねる』(二宮和也、中丸、Hey! Say! JUMP・山田涼介、Sexy Zone・菊池風磨のYoutubeチャンネル)ばっかりやってるから」とツッコミ。会場に笑いが巻き起こった。

 慌てふためく中丸は「KAT-TUN的には今年15周年で初出場。勝手ながら“ご縁がない番組”だと思っていまして……」とコメント。彼の発言に、上田と亀梨からまたも「言い方もうちょいあるでしょ!」とツッコミが入った。

 今年は会場のNHKホールが改装中で、東京国際フォーラムでの開催になったが、じつは、両会場ともに縁があるというKAT-TUN。堂本光一が司会を務め、NHKホールで収録していた音楽番組『ポップジャム』でグループお披露目。さらに初の単独公演は東京国際フォーラムで行われた。そんな初ライブの場への再訪に上田は「アツくない? めちゃくちゃ懐かしかった」と感慨深げに述べていた。

 メンバー3人に、今年の漢字一文字を問われる一幕も。亀梨は『勝』をチョイス。グループを結成したころ、ジャニー喜多川さんから「YOUたちは、漢字で書くと“勝運(かつうん)”なんだよ」と言われたこと、さらに世の中の状況に打ち勝つという意味でも『勝』を選んだとした。

 上田の2021年の漢字は『続』。「いろんなことがあったけど、グループを続けてきて、感謝の気持ちが生まれ、伝統ある番組に出させてもらう喜びを感じることもできた。『継続は力なり』というのは本当だなって思いました」と語った。

 「振り返ると喜びの多い1年だった」という中丸は『喜』だとコメント。「(いろいろあって)これまで周年のタイミングで、お祭り的なことって経験したことなかったんですよ」と語る中、インタビュアーに「笑うところです。メンバー編成が激しいグループなので」と自虐を述べて笑いを誘った。
中丸は続けて、今年は、事務所やレコード会社などが盛大に盛り上げてくれたとし「ツアーもできたし、イベントもできたし、ファンの方ともお会いできる機会も増えたし……。本当にいい1年になったところに紅白が決まったので、今年は『喜』ですね」と想いを述べていた。

取材・文:浜瀬将樹