1月10日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、芸能人の年収の話題になった。番組では「年収を訊く」など、デリカシーのない質問にどう対応するかを考える記事が取り上げられた。

 >>和田アキ子の番組「そんなに面白くなくても笑う」垣花アナの発言にマツコ「喧嘩売ってるね」強烈ツッコミ<<

 この話題から、この日のゲストのミッツ・マングローブは自身も年収を訊かれることがあるとし、そうした場合「マツコさんの年収は6億円ですと言う。そうすると『へぇ、やっぱりそうか』って」と納得されるのだという。これには、マツコ・デラックスは「本当にねもう、この人が6億って言ったり、ナジャ(グランディーバ)さんが10億って言ってるみたいで、なんか本当に信じる人がいるからやめて」と苦笑気味だった。さらに、「6億稼いでいる人間がこんな番組出てるわけじゃないの。よく考えたらわかるでしょ」「アタシね、三井住友銀行がびっくりしたんだから。思ったより金持ってないって」と自虐ネタを披露する場面も。

 さらに、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で共演する関ジャニ∞の村上信五に関しても、マツコは「10億稼いでいるっていうのも嘘だからね。あれテレビで言ったら本気にされてるみたいで、すごい不動産(物件)とか紹介されてるみたいだから」と裏話を暴露。これには、ネット上で「さすがに村上クラスでも10億円はなさそう」「不動産紹介っていろいろ悪い大人が寄ってきそう」といった声が聞かれた。

 この日は成人の日であり、各出演者が「大人になったと感じた瞬間」についても意見が交わされた。元テレビ東京の大橋未歩アナウンサーは、人事異動など社内の噂を「自分で止めた」経験を披露。だが、これにはマツコは「私、そこは大人になれていない。さらに面白くしてしまう」と話し、30人くらいに伝えてしまうとも話し、大橋アナに「言った方が楽しいこともあるから、やめなそういうの」とアドバイスを向けていた。さらに、マツコは大橋アナの古巣のテレビ東京に「盗聴とかされていたもんね、アンタの会社」と、2020年に流出した同社女子アナの陰口音声に関して強烈なツッコミも入れていた。これには、ネット上で「マツコ、ゴシップめっちゃ詳しいな」「本当に30人以上に噂話広めそう」といった声が聞かれた。