2人組心霊系ユーチューバー・ブルーシーの言動に、ネット上から批判の声が集まっている。

 ​>>人気ユーチューバーが動画を非公開に、理由が物議「配慮のし過ぎでは」「むしろ伝えてほしい」の声<<​​​

 ブルーシーは事故物件に住み、そこで起きる心霊現象を動画にしているユーチューバー。昨年7月に開設したチャンネルは現在、登録者20万人を突破している。

 今回問題となっているのは、ブルーシーがこれまでたびたびアップしていた「霊をピコピコハンマーで叩く」という動画。ラップ音が響く中、霊が憑いていると思われる押入れが勝手に開いたところで、ピコピコハンマーを思い切り振ると、何かに当たったかのようにピコピコハンマーが鳴るというもの。

 ほかにもハリセンなどで同様に行い、動画にして公開。結果、怒った霊が憑りついたとも報告していた。

 しかし、その後も繰り返される幽霊への行動に、ネット上からは「自らやらせって言ってるようなもの」「この人たちを信じてた自分が恥ずかしくなった」「滑稽すぎる」「例え本当に霊が出てるとして、叩くって発想が不明」「いくらなんでも馬鹿馬鹿しい」という批判が多々聞かれるようになっていた。

 批判を受け、ブルーシーの「しらす」は10日にツイッター、インスタグラムで謝罪。「応援してくださってる方を悲しい気持ちにさせる可能性のある動画を投稿してしまったことを本当に反省しております」と綴っていたが、同日に塩で清めたピコピコハンマーで霊を叩く動画を2本公開。また、翌11日にはフライパンで霊を叩く動画を公開し、再び炎上することに。

 ブルーシーは11日夜に謝罪動画を公開し、「幽霊と真摯に向き合っている姿を評価して頂いて、チャンネル登録をして頂いたり見て頂いている方が多い中で、僕たちはピコピコハンマーで霊を殴るとかフライパンで殴るとか、ファンの方を裏切る行為をしてしまいました」とあくまでやらせは否定。また、お祓いに行ったことを明かした。

 「ピコピコハンマーなどの動画のほとんどは、勝手に押入れが開き、その瞬間にハンマーを振ると音が鳴るというもの。別の場所を叩いても音が鳴らないことから、霊に物理攻撃ができるとアピールするものでした。しかし、今では多くの人がハンマー音は後付けで、ブルーシーがふざけているだけのやらせ動画だと思っている様子。現在、ブルーシーはひらがな音がするおもちゃを霊に渡し、霊とのスムーズな会話を行う動画なども何度か公開していますが、それらの行動含め、ネット上からは『これ信じてる人いるの?』『心霊版の迷惑系ユーチューバー』『もっと信ぴょう性のある動画出さないと…』という声も聞かれています」(芸能ライター)

 今後も、不適切行動と謝罪を繰り返すのだろうか――。

記事内の引用について
ブルーシー公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCH2lnz_OBcVo7Y7ptU2qovg/videos
ブルーシーしらす公式ツイッターより https://twitter.com/sirasu_blue_sea