さらば青春の光の森田哲矢と東ブクロが15日、愛猫を中心に撮影された写真集『さらば青春の光の会長はねこである』(星海社)の発売記念サイン会を都内で開催した。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 森田が社長を務め、東ブクロが副社長を務める、さらば青春の光の所属事務所「ザ・森東」で飼われている二匹の猫の“会長”と“専務”を題材とした本写真集。森田は「二人の写真集より、もちろん猫の方が売れると思ってこうしました。猫ならいいんじゃないかって。会長という、うちの事務所の最高役職の猫です。もう一匹は専務です。その二匹を中心に撮影してもらって、ちょいちょい自分たちも写っているという内容です」と本写真集を紹介。

 会長はオスの4歳、専務は生まれて8か月のメスだと言い、「会長はちょっと場所見知りするんです。今回の撮影も最初は隠れたりしましたけど、そのうち撮らせてくれました。専務は4月に生まれてまだ8か月くらいの子猫です。最初は多頭飼いが難しくて、会長が嫌がっていたんですけど、徐々に上手いことやっていったら、今はうまく二匹で暮らせるようになりました」と話す。二匹は「基本的には会社で飼っています。ずっと会社にいます」と会社の事務所で実際に飼われているという。

 森田は「全国の猫好きの方に見てもらいたい。今4000部くらい。リアルに1万2000部くらいはいきたい。金になるなら第2弾、第3弾も考えます。この売り上げで東ブクロの売り上げのマイナス分を補填します」と意気込む。

 東ブクロも「一応、猫のヌード写真集です。猫はもともと裸ですから」と本写真集をアピール。実は「もともと犬派で猫アレルギー。事務所行くと鼻ムズムズするんです」とも告白するが、「飼っているうちに猫が好きになりました」と言い、「犬派なのが今は猫に傾いています。個人的に飼おうかなって思うくらい。それくらい猫愛が大きくなりました」とにっこり。最後に記者から「猫と女性どっちが好きですか?」とも問われた東ブクロだが、「それは違う“好き”ですから」と切り返して笑いを誘っていた。

(取材・文:名鹿祥史)