ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)で、主演の木村拓哉がスポ根丸出しだ。木村といえば今春、2度目となるソロコンサートツアーを成功させ、歌手としての実績もさらに積んだ。SMAP時代からジャニーズ事務所に所属して、レーベル会社もビクターエンタテインメントのまま勤続30年超えは、現役ジャニーズで唯一だ。

 木村と真逆で、ジャニーズアーティストが新レーベルを発足させることが90年代後半以降は増えた。パイオニアはKinKi Kids。97年のデビューに合わせて、新レーベル「Johnny's Entertainment」が設立された。19年の事業終了に伴い、新たに発足された「Johnny's Entertainment Record」が引き継ぎ。現在も新たな楽曲をリリースしているKinKi、NEWS、ジャニーズWESTの権利が管理されている。

 ​>>木村拓哉主演『10カウント』が不評?「見てて恥ずかしい」の声、典型的な“キムタクドラマ”演出に賛否<<​​​

 KinKiのおよそ4年後の2001年に誕生したのは「J Storm」。嵐のプライベートレーベルだ。Stormは「嵐」を意味する。06年にはKAT-TUNのプライベート内部レーベル「J-One Records」も生まれている。

 嵐の好セールスは言わずもがな。グループ活動は2年近く休止しているが、最新映像作品「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」は週間DVDランキング、週間Blu-ray Discランキング、週間ミュージックDVD・BDランキングの3部門で1位。12作連続通算12作目の映像3部門同時トップは歴代1位で、記録を自己更新した。さらに、初のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」は、昨年の実写映画興行収入でナンバー1。ライブフィルムが国内興収1位になるのは史上初だ。

 14年には、テイチクを円満退社した関ジャニ∞が、自主レーベル「INFINITY RECORDS」を設立。無限大の意味を持つ「∞」がINFINITYの由来だ。

 18年には、ユニバーサルミュージック×ジャニーズで「Johnnys' Universe」が設立。所属第1号はKing & Prince(キンプリ)だ。20年には、ポニーキャニオンから移籍したSexy Zoneがプライベートレーベル「Top J Records」を設立。今年はジャニーズ×エイベックス・エンタテインメントで新レーベル「MENT RECORDING」が誕生。ダンスチューンが多いKis-My-Ft2とSnow Manが籍を置く。

 「嵐のライブフィルムは3月に全米で上映。日米同時上映イベントも開催されました。活動休止中の嵐が世界への一歩を踏み出したことで、外資系レーベルと手を組んだキンプリ以降も動きそう。Snow Manの主演舞台『滝沢歌舞伎』は来年、初のアジア公演実現に向けて動いているため、後に続くグループが増えそうです」(エンタメ雑誌のフリーライター)

 コロナ禍で停滞していたジャニーズの海外進出。再開に向けて躍動しそうだ。

(伊藤由華)