タレントの中川翔子が、6月8日にデビュー20周年写真集『ミラクルミライ』(講談社)を発売する。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 中川は、2002年に『ミスマガジン2002』ミス週刊少年マガジンに選ばれ、芸能界デビュー。歌手や声優、イラストレーターとして多岐に渡り活動する他、バラエティ番組にも多数出演している。2022年3月9日には、映画しまじろう『しまじろうと キラキラおうこくのおうじさま』の主題歌、『君のまんまがいいんだよ』をリリースした。2020年より開設したYouTubeチャンネル『中川翔子の「ヲ」』は、登録者85万人(4月25日現在)を突破。2021年8月に投稿した水着姿を披露した動画は再生回数1200万回を超え、2021年に最もバズった女性タレント動画にも選ばれた。

 同写真集では、沖縄県を舞台にロケを実施し、再生回数1200万回を超えの“バズりボディ”を大胆に披露。他にも、手ブラショットやシースルーランジェリー衣装など、本人自らが「今まで以上に攻めた」と公言する過去最高の色っぽショットを多数収録している。17年ぶりに写真として残すという、カラコンを外したあどけない“ガチすっぴん”にも注目だ。王道ビキニショットや大人なランジェリー姿、美しいドレス姿など、あらゆる中川を詰めこんだ一冊に仕上がっている。

 今回、写真集のタイトルが『ミラクルミライ』に決定。中川自身が「これしかない」と考え、「この写真集の存在こそが、今まで歩んできた道のりの先で出会えたミラクルなミライ」という本人の強い想いが込められている。また、表紙に起用されている色鮮やかな花を浮かべたお風呂カットを公開。フラワーバスでの一糸まとわぬ姿はセクシーかつ幻想的で、“新たな中川翔子”を感じさせる1枚となっている。

 タイトルについて中川は、「『ミラクルミライ』というタイトルは、この写真集の予約が開始されてネット書店のランキングで1位になったときに感じた率直な気持ちから生まれたものです。20年前には考えられなかった今の自分。諦めずに進んできた先に見えた、まさにミラクルなミライだなと。そして、この写真集を手に取ってくださった方にもミラクルなミライが訪れますように、という願いも込めています!」とコメント。

 また、表紙については「『どの写真を表紙にすれば、これまでの私とこれからの私を表現できるのか』と悩みに悩み抜いた末にこの写真にしました! このカットの撮影はカメラマンさん以外は男子禁制で行ったため、ほんとにギリギリまで攻めています! 中面にはさらに色んな衣装や水着・ランジェリーの写真があるので、今の私の全てを、たくさんの方々に見てもらえたら嬉しいです」と撮影でのエピソードを明かした。

 同写真集を購入すると、スペシャルポストカード(全3種)が1枚付いてくる特別付録も。

中川翔子写真集『ミラクルミライ』
撮影:中村和孝
定価:2,970 円(税込)