4月26日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、日本アカデミー賞で大クレームを受けた過去を明かした。

 この日の放送では俳優の阿部サダヲの話題となり、太田が「また(阿部が)アカデミー賞とか出ちゃうんじゃない。そしたら俺司会やりたいな」と意欲を見せると、田中裕二から「ビンタされろよ」と促され、太田は「ビンタされたい。阿部サダヲに」と乗り気の様子。アメリカのアカデミー賞で俳優のウィル・スミスがコメディアンのクリス・ロックを平手打ちにした騒動の再現を太田は望んでいるようだった。

 ​>>爆問太田、過去に園子温監督を説教「女優さんを大事にしなきゃダメ」映画『クソ野郎』打ち上げ話を明かす<<​​​

 ただ、田中から「お前にプレゼンターの役は来ないだろうけど」とツッコミを浴びせられると、太田は「俺らは前科があるからね。日本アカデミー賞は」と苦い過去を思い出したようだ。

 爆笑問題は2000年の日本アカデミー賞授賞式のレポーターを務めた。太田は「日テレの特番で生放送で。俺らレポーターで受賞者に、まあとにかくひどかった。途中からクレームの話。さんざん怒られてな。二度とやるなって言われた」と当時の状況を語った。

 太田は「また言うと炎上しちゃうから言わないけど」と前置きし、「ベッドシーンがあったんだよ。それで『気持ち良かったですか?』とか、そんなことしか訊かないんだから」と振り返った。下ネタも含めてとにかくボケ倒したようだ。

 この年の日本アカデミー賞には、『鉄道員(ぽっぽや)』に主演し、2014年に亡くなった俳優の高倉健さんも出席していた。だが太田は「あの時、健さんは遠目で見たよね。さすがに俺ら、健さんに近寄れなかった」と振り返っていた。

 これには、ネット上で「太田さんマジで誰かにビンタされて欲しいわ」「これ、ほぼアカデミー賞出禁じゃん」「太田さん今もヤバイけど、20年以上前ならもっとすごかったんだろな」といった声が聞かれた。