コスプレイヤーのえなこが、5月2日発売の『漫画アクション』(双葉社)の表紙と巻頭グラビアに登場した。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 えなこは、No.1プロコスプレイヤーとしてテレビやCM、グラビアなど、様々なジャンルで活躍。3月4日に発表された『第8回カバーガール大賞』ではグランプリの他、同大賞の「20代部門」、「コミック誌部門」、「グラビア部門」も同時に受賞し、史上最多の4冠を達成した。また、日本政府が推進するクールジャパン戦略の『クールジャパン・アンバサダー』としても活動するなど、幅広く活動している。

 同号では、新釈おとぎ噺(ばなし)をテーマに、桃色や金色のチューブトップビキニ姿で、日本一有名な3人の太郎である桃太郎などのコスプレを披露。子々孫々に語り継ぐべき“一等賞”なグラビアに仕上がっている。

 また、巻頭カラーには4月28日にお別れの会が行われた漫画家の古谷三敏さんの追悼特集を掲載。古谷さんは、手塚治虫さんや赤塚不二夫さんのアシスタントを経て、1970年に『ダメおやじ』の連載を開始。1985年から現在まで連載が続いていた『BARレモン・ハート』は、人情味あふれるストーリーで人気を博していた。そんな古谷さんの足跡をたどる特集では、ちばてつや先生、永井豪先生、松本零士先生など各氏からの追悼イラストとコメントの他、古谷さんの年表や作品ガイドなどが掲載されている。

 同号には、えなこの両面クリアファイルとミニ写真集の特別付録も。