荒牧慶彦が主演を務める舞台『ゲゲゲの鬼太郎』が、7月29日より明治座、8月19日より梅田芸術劇場にて上演される。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 『ゲゲゲの鬼太郎』は、1965年の週刊少年マガジンの連載にはじまり、漫画、アニメ、映画、小説、ドラマ、ゲームなど、半世紀以上にわたり多くの人に愛され続けている。登場する妖怪たちの多くは日本古来より伝承された存在。原作者である水木しげるさんが、新たな解釈やデザインのアレンジを加えたことで、妖怪そのものが広く周知されるようになり、日本の妖怪伝承に大きな影響を与えた作品ともいわれている。今回、水木しげるさん生誕100周年である2022年夏に、東京・明治座と大阪・梅田芸術劇場メインホールにて舞台の上演が決定した。

 上演に先駆け、キービジュアルが公開。主人公の鬼太郎役は、舞台『刀剣乱舞』シリーズや『MANKAI STAGEA3!』など、数多くの舞台に出演する俳優の荒牧が担当。ねこ娘役は、アニメ『中二病でも恋がしたい!』や『スター☆トゥインクルプリキュア』など、人気アニメに多数出演する声優アーティストの上坂すみれ、ねずみ男役は、芸人のみならず歌手や俳優としてもマルチに活躍中の藤井隆が務める。

 また、天邪鬼リン役は、俳優のみならず声優やアーティストと活動の幅を広げる元宝塚歌劇団男役スターの七海ひろき、砂かけばばあ役は、舞台『ハムレット』や『魔界転生』など、ドラマ・映画・CMと第一線で活躍する大女優・浅野ゆう子が担当。他にも、ミュージカル『刀剣乱舞』、『ブルーピリオド The Stage』など話題作に出演している俳優の立花裕大、『大家さんと僕』(新潮社)で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し芸人、漫画家、俳優など多方面で活躍するカラテカ・矢部太郎が子泣きじじい役を演じるなど、多岐にわたるジャンルから個性豊かなキャストが集結した。舞台ではこの他にも、様々な個性溢れる妖怪たちが登場予定だ。

 さらに、目玉おやじ役としてアニメでも声を担当している声優界の巨匠・野沢雅子の出演も決定。野沢は、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の1期・2期で鬼太郎役、2018年放送の6期では目玉おやじ役を担当した。

 妖しくも愉快な世界観と、登場人物たちの細やかな心情の変化を鮮明描いた舞台ならではの『ゲゲゲの鬼太郎』に注目だ。

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』
【原作】 水木しげる 【脚本・演出】 田村孝裕
東京公演
【会場】 明治座
【日程】 2022 年 7 月 29 日(金)~8 月 15 日(月)
大阪公演
【会場】 梅田芸術劇場 メインホール
【日程】 2022 年 8 月 19 日(金)~8 月 28 日(日)

公式サイト:https://gegege-stage.jp