千葉県木更津市で、逃げたと思われていたドーベルマン2匹を窃盗したとして男女3人が逮捕された事件を巡り、逮捕前に飼い主の男性に取材していたユーチューバーが謝罪した。

 4月にも男性の元からドーベルマン4匹が逃げ出していたこともあり、同じように逃げたと思われていた今回の騒動。しかし、19日になり、前回ボランティアで捜索に参加していた女らがドーベルマンを盗んだとして逮捕された。

 今回謝罪したのは、ドーベルマンを飼うユーチューバー「狂犬の正体」。13日に「【極秘情報入手】ドーベルマンを脱走させたと話題となった飼い主の主張」という動画をアップし、木更津にいなくなったドーベルマンを探しに行った際、たまたま遭遇した飼い主の男性と行った対話を公開していた。

 ​>>ユーチューバー「コンビニおにぎりには寄生虫がいます」実際に紹介し物議「食べられなくなった」の声も<<​​​

 その中で男性は、女が自分をホームセンターまで連れ出し、その間に共謀者が犬を盗んでいったと主張。その女について、前回捜索ボランティアでドーベルマンを捕まえた人物ではないかと話していた。男性は「わずかな時間で持って行ってしまっているわけですから」「これ(首輪)も外して持って行ってしまう」と主張。

 一方、男性は警察からはそのボランティアを犯人と決めつけないよう注意されていることなども明かしていた。

 しかし、ユーチューバーはその男性の話を支離滅裂であるかのように編集。また、男性と別れた直後、ユーチューバーは「かなり都合のいい話はしてたけどね」「ちょっと信じがたいかな」と指摘。同行していたユーチューバーの妻も「信憑性がちょっとね……」と疑っており、ユーチューバーは男性を「無責任すぎるね」と断罪していた。

 逮捕報道後の20日、「狂犬の正体」は「今回の件についての謝罪させて下さい」という動画を公開。実際には男性の言い分が正しかったことを受け、動画内の自身の言動や、「動画を面白おかしく編集して、飼い主さんが笑いものになるような動画を出してしまった」とし、謝罪した。

 また、男性とは連絡先を交換しており、翌日に電話して謝罪する予定と報告していた。

 しかし、「狂犬の正体」は問題となった動画は20日昼までに削除しておらず。ネット上からは「反省してるなら動画削除した方がいい」「なぜ消さない?」「責任のために残していい動画じゃない」「改めて再編集して作り直すべき」という声が集まっていた。

記事内の引用について
狂犬の正体公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCEtd6E-xvFdURsoQUbHYIOw