カトパンこと元フジテレビで現在フリーの加藤綾子アナウンサーが、キャスターを務めるフジテレビ系「Live News イット!」を9月末で卒業することを3日、所属事務所が発表した。

 2008年に同局に入社した加藤アナはエース級の活躍をしていたが、16年4月に退社しフリーに転身。19年4月から同番組のメインキャスターを務めていたが、今年4月、局アナ時代から出演していた同局のバラエティー番組「ホンマでっか!?TV」を卒業していた。

 ​>>『ホンマでっか』卒業の加藤綾子への発言に「許さん」女性視聴者が怒りも さんまの“つわり発言”が物議<<​​​

 所属事務所のサイトでは、《弊社、加藤綾子は9月末をもちましてフジテレビ「Live News イット!」を卒業させて頂く運びとなりました》と報告。

 続けて、《今日まで14年加藤自身、仕事に真摯に向き合い走り続けて参りましたが昨年の結婚をきっかけに、家族との時間をより大切にしたいという本人の思いもあり、番組を卒業させて頂くこととなりました》と経緯を説明した。

 昨年6月に一般男性と結婚したが、《今後につきましては、自身の体調管理や家庭の時間を考え暫くの間は、お仕事をお休みさせて頂きます》と休業を宣言した。

 「今回の発表を所属事務所が主導しているということは、おそらく、加藤サイドから卒業を申し入れたのでは。いつまでたっても視聴率は上がらず、このままだと降板させられるのも時間の問題だったので、自ら降板を申し入れるのが得策だと思ったのは」(テレビ局関係者)

 同局はわずか1年で社長が交代し、港浩一新社長の就任が発表され、今後、大改革が行われると思われるが、絶妙な形での〝リストラ〟に成功したようだ。

 「加藤アナの事務所との関係もあるので、なかなか局側からは言いづらかったようだが、加藤アナが自ら身を退いてくれた。これで、事務所との関係も悪化せずに済んだだけに、加藤アナには少なからず感謝しているはず」(芸能記者)

 おそらく、後任には局アナを起用すると思われる。