90年代にシングル曲『ヌード』がヒットし、実力派歌手として人気を集めたSILVA。当時はパワフルな歌声はもちろん、下ネタ全開のサバサバトークが受け、バラエティ番組にもよく出演していた。そんなSILVAは、6月2日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演し、ヒット曲『ヴァージンキラー』を披露。ネット上では「懐かしいとともに、歌声健在だった事に感動」「SILVAさんと言えばHEY×3のトークが楽しみだったな」「鳥肌立ったし、カッコ良かった」などの声が上がり、多くの反響があったようだ。

 ここ最近はテレビ出演から遠ざかっているSILVA、今はどのような活動をしているのだろうか。

 >>現在は内田有紀のマネージャーに? 柏原崇、中国での人気はいまだに継続中のワケ<<

 「湘南にオーガニック粥専門店をオープンさせ、メニューのプロデュースなどもしています。現在、お店は休業中のようですが、テイクアウトやイベントなどで不定期ながらお粥の販売をすることはあるようです。実はSILVAさん、湘南に移住する前は広尾の高級住宅街でお嬢様として育ったそうですが、東京ではあまり自然と触れ合う機会がないと思い心機一転、出産を機に5年ほど前に湘南の一軒家に引っ越したのだとか。そこから粥専門店をオープンさせるなど、歌手とは別の事業にも力を入れ始め、テレビの仕事はマイペースにやることにしたみたいです。2008年頃からアメリカに留学して、アメリカを拠点にDJなどの仕事をしたこともあり、すでにこの時から日本での露出は少なくなっていましたね」(芸能記者)

 さらに、SILVAは子育てにちなんだこういった活動もしているようだ。

 「出産をきっかけに子育て法や脳学の資格を取得し、週末などに食育のワークショップや親子でできるワークショップを開催しています。自身の経験を伝えつつ、かつ持ち前のトーク力で、母親だけではなく父親も楽しく参加できると評判ですよ」(前出・同)

 そして、子どもらとのつながりは音楽を通しても行われている。

 「LaLaLa MaMaという子ども向けのユニットを組んで、ライブなどを行っています。ポテトやハンバーガーに扮した衣装を着て、手遊び歌や英語を交えた歌を歌って子どもたちを楽しませていますよ。全国を回ってライブをしながら親子でできるヨガストレッチ教室なども開き、過去にはサマーソニックのキッズエリアで歌を披露したこともあります」(前出・同)

 自身のInstagramでは「自分の身体は自分で作ることができる」と食べ物の大切さについて訴えているSILVA。母となったことで、違う分野の興味を見つけたようだ。

記事内の引用について
SILVAの公式Instagramより https://www.instagram.com/silva_official_insta/?hl=ja