女子高生ユーチューバーのさくらが、DMで殺害予告が送られて来ていることを明かした。

 さくらは22日に「本当にやめてください」という動画を投稿し、最近起こった出来事について告白。その中で、「怒りと言いますか悲しいになるんですけど」と切り出し、「殺人予告が来ました」と明かした。

 さくらによると、殺害予告は半年に一度ほど、別の人間からこれまでSNSのDMなどで3、4回ほど来ているとのこと。「死ね」「殺すぞ」といったDMは頻繁に来るというものの、殺害予告は「○日○時○分 殺します」「(具体的な方法)で殺しに行きます」「家族の目の前で殺してやります」など、具体的だという。

 ​>>YouTuber、引っ越し時のトラブルに「通報した方がいい」の声相次ぐ 廃品処理業者からぼったくり被害?<<​​​

 さくらは「なんでするんやろう? って疑問に思います」と言い、「『何日』とか言われると、来ないんだろうなとか、大丈夫だろうとか思いながらもめちゃくちゃドクドクするの本当に」と訴え。「めちゃくちゃ怖いよ?」と明かした。

 また、さくらは「いい加減にしてください。アンチはつきものっていうけど、それアンチじゃないやんもう。それ犯罪ですからやめてください」と呼びかけ。「インフルエンサーだからとかYouTuberだから殺人予告していいとかないですからね」と苦言を呈していた。

 同じ女性ユーチューバーの中町綾も、今年に入り殺害予告を受けたことをツイッターで報告。「4月2日に殺害します」「愛犬の目の前で殺す」などと書かれたDMが届いたと言い、「度が過ぎてませんか?」と苦言を呈していた。

 女性ユーチューバーが多く被害に遭う殺害予告。ネット上からは「怖すぎる」「これは許せない」「普通に犯罪」「自分より弱いと思うからするんだろうな」という声が集まっていた。

記事内の引用について
さくら公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UC6f1jmmHhgtTA17nhFDX1pw
中町綾公式ツイッターより https://twitter.com/aya110n_n