俳優の水谷豊が主演を務める10月スタートのテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「相棒season21」が、このほどクランクインしたことを、各メディアが報じた。

 2000年にスペシャルドラマとして誕生したドラマシリーズ。今シーズンで、水谷演じる警視庁特命係係長・杉下右京の5代目となる相棒を務めるのは、俳優・寺脇康文が演じる初代相棒の亀山薫。

 亀山は、不正がはびこる国で「子どもたちに正義を教えたい」と、警視庁を辞めて南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に渡ったが、それから2人は一度も顔を合わせることなく、今回、約14年ぶりに共演となった。

 ​>>周囲がヒヤヒヤでも反町隆史が水谷豊に愛される理由 歴代『相棒』パートナーとの大きな違いは<<​​​

 記事によると、現場に登場した寺脇が当時とあまりにも変わっていなかったため、水谷も思わず「おー、亀山くん!」と笑顔で肩を抱き寄せたのだとか。

 撮影は、右京と薫が再会するという重要なシーンからスタート。撮影は、14年の歳月を感じさせないほどの「あうんの呼吸」で進行。思わず寺脇も「14年もたった感じがしないですね」とコメント。水谷も「ほんとに。亀山くんは2、3カ月サルウィンに行っていたって感じ」と納得していたというのだ。

 「一時期は、水谷との確執説も浮上していた寺脇だが、年月もたったのですっかり〝雪解け〟した模様。おそらく、寺脇とのコンビで『相棒』がシリーズ終了に向かうことになりそうだ。最終章はドラマではなく、劇場版最新作とみられている」(テレ朝関係者)

 寺脇の復帰で気になるのが、警視庁に復職するかどうか。たしかに、諸条件をクリアすれば復帰することも可能だが、公開された水谷との2ショット写真を見る限り、復職したような雰囲気ではない。

 「水谷は右京のままだが、まるで、海外の国家の要人が着るような、国旗をあしらったと思われるようなフォーマルな服装。なので、復職することがないまま、右京に捜査協力する形になるのでは」(芸能記者)

 視聴率アップのためにも、おそらく、初回の放送直前か放送まで〝ネタバレ〟はなさそうだ。