タレントの小倉優子が7月27日、自身の公式SNSで、2018年に再婚した歯科医との離婚を報告した。

 小倉は、ファンや関係者へ向け、《2022年7月27日に離婚したことをご報告いたします》と伝え、《今後とも、子育て、仕事と努力を重ねて参りますので、温かく見守っていただけましたら幸いです》とつづったが、具体的な離婚に至った理由については明かさなかった。

 小倉は2011年に結婚したヘアメイクアーティストとの間に2人の男児をもうけるも、17年に離婚。18年に歯科医と再婚し、20年に三男を出産したが、昨年7月に別居中であることを認めていた。

 >>密着VTRに映った小倉優子の冷蔵庫の中に驚き「周囲のフォローが必要では?」心配の声も<<

 「結局バツ2になってしまったものの、2人の元夫はしっかりした職業なので、3人の子どもたちの養育費をもらえない、などという事態にはならないだろう。特に、1人目の夫はあの人のおかげでネットに登場したところ、強烈なキャラでたちまち有名人になってしまった」(芸能記者)

 小倉の1人目の夫は、現在、都内で美容サロンを経営し、SMAPのヘアメイクを担当していた菊地勲氏。離婚原因は小倉の事務所の後輩との不倫だったが、その存在を世間はほとんど認知していなかった。

 しかし、NHK党の参院議員で暴露系ユーチューバーのガーシー氏のユーチューブ動画に登場。「かまちょ」の決めゼリフにピンク色の頭髪、親しみやすいキャラでガーシー氏の動画のファンたちの間に一気にその存在が浸透した。

 「長い付き合いで『きくっちゃん』と呼ぶガーシー氏は、結婚前に浮気した菊地氏が小倉から坊主にさせられたことを暴露。さらに、『きくっちゃんのカマチョは「エッチさせて」です』とからかい、視聴者からの質問として『ゆうこりんのカマチョはどうでしたか』とぶっ込み。菊地氏は『普通です』と答えつつ、『一番言っちゃいけないやつだ』と苦笑。ガーシー氏の動画の効果で菊地氏に予約が殺到しているようだ」(同)

 菊池氏の活躍を、小倉も子どもたちも喜んでいるはずだ。