14日に行われたイベント「オールスター大運動会@代々木競技場 produced by 超滅&Crazy Raccoon」で、人気ユーチューバーのヒカキンが不審者に襲われた騒動で、主催していたUUUMが経緯を説明し謝罪。しかし、批判の声を多数集めている。

 問題となっているのは、イベント第二部での出来事。ヒカキンは同イベントに「見届け人」として参加していたが、ステージ上に突然、日傘のようなものを差した男が現れ、ヒカキンを腕でホールドした。

 ​>>ヒカキン、イメージ崩壊?「こんな人だと思わなかった」の声も ゲームプレイ中に暴言連発で幻滅か<<​​​

 ヒカキンは咄嗟に相手の両手を掴んだりなどしていたが、男はマイクを奪い、「皆さーん、初めましてー! 僕、世界一かっこいい男になります」などと発言。その最中、ヒカキンは小さく縮こまっており、状況が把握できない周りの出演者たちからは「誰?」「放送事故!?」「ヒカキンさんめっちゃびびってますよ」といった笑い声が聞かれていた。

 イベントは生配信されていたこともあり、この映像は即座にネット上で拡散されることに。ネット上からは「怖すぎる」「一歩間違えてたらとんでもないことになってた」「ハプニングレベルじゃない」という声が聞かれていた。

 当のヒカキンは、同日夜にツイッターで「イベント中にステージで不審者に接触されたのですが、わたくしヒカキン怪我など一切なく、無事でした。メンタル的な部分に関しても大丈夫です」と報告。また、「ショッキングな映像が流れてしまい申し訳ありません。ご心配ありがとうございます」と謝罪していた。

 一方、UUUMも公式サイトとツイッターに、今回の騒動についての文書を公開。侵入者については「当該事件発生直後、侵入者を複数スタッフにて取り押さえ、所轄の代々木署の警察官の方々へ引き渡しました。現在も警察官により身柄を取り押さえられておりますので、ご安心ください」と報告し、「本件によりHIKAKIN、出演者、スタッフなどにもいまのところ怪我などは発生していない状況です」と説明。来場者や視聴者に不安や心配を与えたとして謝罪していた。

 しかし、7月8日には安倍晋三元首相の銃撃事件が起こったばかり。ネット上からは、会場の警備に対し「甘すぎる」「あんな事件あったのに正常性バイアス働いてる」「すぐに警備員現れないのも怖すぎる」「警備ガバガバすぎ」という不信の声が多く寄せられていた。

記事内の引用について
ヒカキン公式ツイッターより https://twitter.com/hikakin
UUUM公式サイトより https://www.uuum.co.jp/