耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2023年4月に誕生40周年を迎えたカシオ計算機は5日、キックオフイベントとして完全招待制のイベント「G-SHOCK PREMIUM NIGHT」を東京・六本木のBillboard Live Tokyoにて開催した。

 >>全ての画像を見る<<

 第一部は、同社常務執行役員伊東重典氏によるアニバーサリーモデルの新作発表や、G-SHOCKの開発者・伊部菊雄氏によるG-SHOCK開発秘話にまつわるカンファレンスが行われた。G-SHOCK最上級ラインMR-Gからは、日本を代表する刀鍛冶の名門「月山」とコラボレートしたG-SHOCK 40周年限定モデルが登場。11月11日に世界限定500本¥935,000(税込)で発売となるも、完売店が続出している。重厚感のあるチタン製のバンドを刀の茎(なかご・刀身の柄に被われる部分)に見立て、その中駒に、刀匠・月山貞伸氏みずから、鑢目(やすりめ・斜線などの滑り止め加工)仕上げと銘切りを施したという。月山一門の座右の銘「鍛刀一筋」と、「百錬精鐵」に由来する「鍛」と「錬」の文字が銘切りされており、名刀の存在感をまとったスペシャルなG-SHOCK。アニバーサリーモデルの中でも一際目を引く逸品だ。

 第二部では2023年に結成40周年を迎える音楽ユニットTM NETWORKが、人気曲「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」、鈴木亜美への提供曲「BE TOGETHER」、特別アレンジでの「Get Wild」を演奏。同ユニットとG-SHOCKは同い年、「Get Wild」のサビの歌詞「Get wild and tough」というメッセージが同商品のコンセプトとも重なるという。

 さらに、シークレットゲストに女性ラッパーAwichを迎え、小室哲哉とともに安室奈美恵が歌唱した名曲「SWEET 19 BLUES」をマッシュアップした「Queendom×SWEET 19 BLUES」を披露。フリースタイルを交えた、スペシャルな一夜限りのライブパフォーマンスで会場を盛り上げた。