5日放送の『ぽかぽか』(フジテレビ系)に、タレントの加護亜依が出演。タバコに関する自虐ネタを披露したものの、一部ネット上で冷たい声を集めている。

 加護は2006年、18歳の時に未成年喫煙が報じられ、謹慎処分に。その後復帰したものの、翌年に再び未成年喫煙が報じられ、所属していた事務所を懲戒解雇となっていた。

 そんな加護だが、この日番組の「リアルすぎる家庭のお悩みを相談員がズバッと解決!」というコーナーにゲスト出演。その中で、36歳主婦の悩みとして「ママ友の1人がコストコの会員費を払いたくないから一緒についてきます」「ママ友に『一緒に行こう』と誘わせない方法を教えてください」という相談が紹介された。

 ​>>加護亜依の発言にマツコ「辻ちゃんとケンカするつもり?」 ママタレに「それって芸じゃなくない?」指摘<<​​​

 他の出演者たちが大喜利的な回答をする中、加護の回答は「車内でタバコを吸いまくる!」というもの。

 これにMCのハライチや曜日レギュラーの伊集院光は「ダメ! ダメ!」と猛ツッコミ。自虐ネタにスタジオには爆笑と拍手が起こっていた。

 また、ハライチの澤部佑が「みんな忘れてるから!」とツッコミを入れると、加護は「思い出して! 思い出して!」と呼びかけ。

 さらに澤部が「吸ってないんだもんね、今はね」とフォローを入れようとしたが、加護は「吸ってますよ! 電子タバコ。たまに嗜んでる」「大人になったら吸っていいんですよ」と強調し、一層スタジオの笑いを誘っていた。

 ネット上からは、この発言に「やるじゃん」「声出して笑った」「面白すぎる」といった反響が集まっていた一方、「持ちネタにしてんじゃねーよ」「このネタ何回目?」「痛々しい」「自虐しか持ちネタないの?」「いい加減しつこい」という苦言も寄せられていた。

 バラエティ番組出演時には、隙あらばタバコの自虐ネタを披露する加護。反響を集める分、飽き始めている人も少なくないようだ。