タレントの神田うのが自身のInstagramを更新し、長女の誕生日パーティーを行ったことを明かした。

 神田の長女は10月に8歳を迎えたが、神田は、元日本テレビアナウンサーの永井美奈子夫妻が経営する店で娘の誕生日を祝ったことを明かし、「美しい演奏にワインと共に酔いしれました」と音楽とお酒を楽しんだことを報告。永井夫妻が経営する店は、「お酒を頂きながらクラシック音楽を堪能出来る素敵な場所です」「スタンウェイのピアノが置いてあり音楽家にとってもお客さんにとっても最高の場所」と綴り、ゲストで訪れた俳優の別所哲也との写真や、娘がピアノの演奏に合わせてバイオリンを披露している写真を投稿していた。

 これを受け、ネット上では「娘さん、最高のお誕生日ですね」と祝福する人もいたが、誕生日会場がお酒を出す場であることで、「8歳の娘の誕生日パーティーをワインバーでセッティングっておかしい。子供の誕生会をやる場所じゃないって気付かないの」「酒が出る席に子供を同伴するのは避けるべき」と指摘する人もいた。

 さらに、写真を見るに、誕生日会場がおしゃれな場所で、多くの有名ゲストも呼んで豪勢に祝っていることから、「物の価値も分からないような年齢から経済力にモノを言わせて子供に贅沢三昧させてる」「娘セレブ化計画。自己満足を子供に当て付けないで」と批判する人、また「別所さんの株が下がる」とゲストに言及する人も見受けられた。

 「神田さんの今回の投稿を見て、自身も子供の頃、誕生日にバイオリンを披露した人からは、『親は満足かもしれないけどバイオリンをちゃんと間違いなく弾かなきゃいけないとかストレスかも』という声、また豪勢な誕生日を祝ってもらった人は『親の当てつけだと感じた』などと意見し、神田さんの教育を心配していましたよ。自身の経験から、意見せずにはいられなかったのかもしれません」(芸能記者)

 こういった批判に対しては、「娘さん本人が楽しめているならいい」「お金ある人が使わなきゃ世の中もっと不景気になる一方だからある人が使えばいい」と擁護する人もいる。

 神田の投稿は、良くも悪くも注目度が高いようだ。

記事内の引用について
神田うのの公式Instagramよりhttps://www.instagram.com/unokandaofficial/