先週発売の「週刊文春」(文芸春秋)で不倫疑惑を報じられたことを受け、フジテレビは同局の秋元優里アナウンサーの番組出演を当面見合わせることを発表した。

 同誌で報じられた秋元アナのお相手は、よりによって秋元アナが担当していたBSフジの報道番組「BSフジLIVEプライムニュース」のプロデューサー。そのため、同番組は松村未央アナが代役を務めている。

「現在のフジの宮内正喜社長は前職はBSの社長で同番組の立ち上げに関わっていた。そのため、今後、同番組をBSから地上波に“格上げ”しようと根回ししていたが、今回の“職場不倫”発覚で“格上げ”はしばらくなさそうだ」(テレビ局関係者)

 秋元アナは、山崎夕貴アナと交代で出演していた「ワイドナショー」の12日の収録も欠席し、14日放送分には山崎アナが出演。さらに、「皇室ご一家」のナレーションも務めているが、同番組の担当も自粛するとみられている。

「現在、報道のエース的な扱いになっているのは、平日夜のニュース番組『THE NEWSα』を担当している椿原慶子アナ。とはいえ、椿原アナだけで報道を回すのは不可能。そのため、3年間にわたって夜のニュース番組『ニュースJAPAN』のキャスターをつとめ、選挙特番を担当するなど活躍していた秋元アナは報道系での貴重な戦力だったが今回の件で離脱。となると、ほかの女子アナを借り出すしかない」(フジ関係者)

 秋元アナの後任として「ニュースJAPAN」のキャスターをつとめていた大島由香里アナは昨年12月で退社。

 かといって、若い女子アナたちを見渡すと、報道系に向いている女子アナはなかなかいない。

 かつてないほどの報道系女子アナの人材不足に陥っただけに、フジは今後女子アナの採用について大幅に見直した方が良さそうだ。