タレントの熊田曜子が自身のInstagramを更新し、インフルエンザにかかってしまい家事や育児に苦労していることを綴った。

 熊田は「主人と長女、次女は義実家に隔離」したが、昨年6月に生まれたばかりの三女は完全母乳で育てているため、「マスクと手洗いうがいを徹底しながらお世話をしてた」と報告。しかし、自身の体調も辛く、「38.5度の熱で意識がもうろう」としている中で授乳やおむつ替えをしたと明かし、38.5度を示した体温計の写真を添えて辛い様子を明かしていた。

 しかし、ネット上では「出た出た体温計!!インスタやる余裕あるから大丈夫」「そんなの撮ってないで薬飲んでしっかり寝てろ。こういう母親って本当に最低。自分の事しか考えてない」と批判が殺到。さらに、熊田は三女の世話の他にも家族のために「シーツの取り替え、家族みんなのお洗濯、掃除機かけはいつもと変わらずやってて」とアピールしていたため、「数日後にすればいいのに」「自分で家中に菌を付けているようなもんじゃん」というツッコミも相次いでいた。

 「具合いが悪いアピールは芸能人の定番ともいえ、今回も『芸能人は病気になったらSNSに報告する義務でもあるの?』だなんて声もありました。実際、具合いが悪いとSNSに上げればファンからは優しい言葉が届くので、それを見て安心したいという“かまって心”があるのかもしれません。以前、ダレノガレ明美さんも『39度を超えたら私もSNSに載せるかも』だなんてテレビで発言していましたね」(芸能記者)

 とは言え、こういった芸能人の傾向を嫌う芸能人も一定数いる。

 「インスタの女王として知られる渡辺直美さんは『体調が悪いって時の写真をオシャレに撮ったりしてる人なんなの』と切り捨てていますし、アンミカさんも『イラっとくる』と語っています。他にも、青山テルマさんが、体調不良をアピールすることは男性にアピールするようで許せないと言っていますね。芸能人の中でも“体調不良アピール”は嫌われるようです」(前出・同)

 まずはSNSより、じっくりと治してもらいたいものだ。

記事内の引用について
熊田曜子の公式Instagramよりhttps://www.instagram.com/kumadayoko/?hl=ja