野性爆弾のくっきー!が11日に放送された『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に出演。余命を宣告され驚愕する一幕があった。

 芸能人の私生活に密着する医療ウォッチングに加え、人間ドックの結果から最強医師が余命宣告をする同番組。MCはアンジャッシュ・渡部建と山瀬まみ。アンジャッシュ・児嶋一哉、FUJIWARA(原西孝幸、藤本敏史)がレギュラーを務める。

 今回は野性爆弾に密着。この日は、食べ比べイベントの営業で、ステージで食事を取るにも関わらず、くっきー!は朝から牛カルビ弁当のご飯特盛、肉2倍の1,715キロカロリーを2分で完食した。仕事を終えた30分後には昼食で肉うどんを食べ、ほぼ噛まずに3ススリで完食。食後はタバコを吸っていた。タバコは1日2箱を吸うと言い、密着中にカフェオレを8本飲み干していた。

 スタジオでは、43歳のくっきー!に対して医師が宣告したのは余命9年。寿命は52歳だと指摘されると、くっきー!は「9年……あっちゅう間に終わる」と苦笑いを浮かべた。人間ドックの結果、タバコの吸い過ぎで肺に穴が開いており、暴飲暴食を続けていくと、脳梗塞や心筋梗塞のリスクに繋がることが明かされた。同じくゲストのゆきぽよから「タバコも吸って、コーヒーも飲んで口臭そう」とツッコまれると、「川魚のハラワタの匂いがします」と話して、スタジオを笑わせていた。

 ネットでは、『こんな生活したらこんな食生活したら自分がどうなるか…自分の体がダメになる…とか考えられないんだろうな…』、『このくらい脅さないと食生活変えない連中なんですよ!』、『それでも改善しなさそう』と辛辣なコメントが相次いだ。

 「番組では、この他にも、ゆきぽよが密着中に緊急搬送されたり、昨年ガンバレルーヤ・よしこが下垂体腺腫で入院した際、失明の危険もあったことなど、多くのトピックがありました」(テレビ誌ライター)

 余命一ケタと宣告されたくっきー!。今回を機に自身の食生活を見直してほしいものだ。