お笑いタレント・キンタロー。のブログが物議を醸している。

 キンタロー。は7月26日に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)を通じ、第一子を妊娠したことを発表。その後、投稿したブログエントリーによると、仕事の都合で安定期に入る前の発表となったといい、いまだつわりが続いていることなども明かしていた。

 妊娠発表時には、祝福の声も多く寄せられていたものの、ここに来て、批判の声が出て来ているという。

「妊娠発表後もキンタロー。は毎日ブログを更新し、食べづわりになっていることや、好物だった生クリームを食べると吐いてしまうようになったことなどを毎日投稿。1日にも、気が付いたら唐揚げを1人で8個食べていたことをつづったものの、ネットからは『しつこい』『妊娠したくてもできない人が大勢いるのに…』『妊娠ハイは日記とかでやればいいのに』という声が殺到。さらに、先月31日のエントリーでは『運動できないのがストレスにもなっております』と明かし、『皆さんはいつから運動されたりしてましたか?』と呼びかけつつ、『ビリーズブートキャンプはやっぱりやめた方がいいですよね?』とコメントしたことで、『シャレにならない』『安定期に入ってないのにその発想がありえない』という声も集めてしまいました」(芸能ライター)

 妊娠中の生活を過剰にブログにつづり批判された芸能人と言えば、17年7月に妊娠を発表し、翌1月7日に第一子を出産した保田圭も挙げられるという。

 「保田は、ブログを通じて妊活していることを明かしており、当時は同じ妊活中の女性からの支持を得ていましたが、妊娠発表後に妊娠検査薬の写真をアップしたり、その後も妊婦生活をつづり続け、“マタニティハイ!”と呼ばれる状態に。これまで支持してきた妊活女性からは、一転して批判が集まるようになり、子どもを出産した今も、炎上ママタレとなってしまいました」(同)

 妊娠後の好感度も左右してしまうマタニティハイ。果たして、キンタロー。は我に返ることができるのだろうか――。

記事内の引用について
キンタロー。公式ブログより https://ameblo.jp/kintalotanaka/