ファッション通販大手・ZOZOの前澤友作社長との交際で話題の、女優の剛力彩芽のインタビューを、一部スポーツ紙が掲載している。

 記事によると、剛力は東京・有楽町のニッポン放送で、29日に最終回を迎える「剛力彩芽 スマイルS2スマイル」の収録後にインタビューに応じたという。

 剛力は「ラジオは終わりますが、剛力彩芽は終わらない」と宣言。ファンに対して、「多分、タイミング的にいろいろなものが終わっているので、不安に思っている方もたくさんいると思う。でも、私は変わらずに元気」とアピール。

 プライベートに及ぼす影響などについて、「成長していると思いますし、充実しています」。やりたいことを聞かれると、「最近出ていないので、映画とかに出てお芝居を頑張りたい」と話したというのだ。

 「女優としての仕事は、稲垣吾郎の主演舞台『No.9 −不滅の旋律−』の今年1月の福岡公演以来、オファーが来ない状態。明らかに前澤氏との交際によるイメージダウンが原因だが、剛力本人はそのことを決して認めたくないはず」(芸能記者)

 今回、同番組が最終回を迎えたことで、残るレギュラー番組は「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)のみになってしまった。
「『アンビリバボー』にしても、レギュラーのビートたけしのギャラが高騰し、さらには、以前のように視聴率が取れないため、毎年のように打ち切り話が浮上している」(フジ関係者)

 となると、彼氏に頼るしかなさそうだという。

 「前澤氏が出資して、映画や舞台をやって剛力を主演に据えれば好きなようにできるが、集客できるかどうか。前澤氏にすれば本業の立て直しに必死なので、それどころではなさそうだが」(先の記者)

 いずれにせよ、剛力はかなりの苦境に立たされたようだ。