ミキティこと藤本美貴が第三子妊娠を、8月5日更新のオフィシャルブログで、「結婚10周年目で第三子を授かる事ができ、とても幸せを感じております」と報告し、話題となっている。ネット上でも「これはおめでたいニュース」「やっぱり子沢山はいいもんね」といった声が聞かれた。

 藤本は2009年に、品川庄司の庄司智春との結婚を発表。藤本と言えば、2003年から2007年にかけてモーニング娘。に在籍したことで知られる。一時期はリーダーを務めるなど、中心的メンバーとして活躍し、モー娘。OGプロジェクトの「ドリームモーニング娘。」へも参加経験があるものの、「元モー娘。」キャラが前面に押し出されることがない。これはなぜだろうか。

 「実は、藤本はモーニング娘。加入前はソロ活動時代があります。もともと、2000年に行われた第3回の追加メンバーオーディションの最終選考に残っていました。この時、選ばれたのは石川梨華、吉澤ひとみさん、辻希美、加護亜依の4名ですね。以降、レッスン生を経て、2003年に第6期モー娘。メンバーとして加入します。この時点で、モー娘。人気は下り坂でしたから、黄金期のメンバーではないという自覚があるのでしょう」(芸能関係者)

 さらに、加入時に「まっさらな新人」ではなかった藤本は、ほかのメンバーとの軋轢も噂されている。

 「良くも悪くもマイペースすぎる性格のために、ほかのメンバーと折り合いが悪かったとは言われていますね。それが性格の悪さとして、バッシングされることもありました。モー娘。加入時のインタビューで、楽しかったこととして、『ソロコンサート』と答えたといったエピソードもあります。さらに、脱退の理由は、現在の夫である庄司との交際が発覚したためであり、実質的に円満卒業とは言えない状態でしょう」(前出・同)

 ただ、モーニング娘。OGメンバーは、現在は市井紗耶香の突然の参院選出馬や、後藤真希の不倫騒動、吉澤ひとみさんの飲酒ひき逃げ事故、辻希美、保田圭のブログ炎上など、お騒がせ続きと言えるだけに、元モー娘。扱いが少ないミキティ的ポジションはかえって良いかもしれない。

記事内の引用について
藤本美貴のオフィシャルブログより
https://ameblo.jp/miki-fujimoto