日曜日(7月30日)までには発表されるのではないかというウワサの『24時間テレビ 愛は地球を救う』(8月26&27両日)のチャリティーマラソンランナー。

 一部報道によると、女優の佐々木希と結婚したアンジャッシュ・渡部建が濃厚とされている。

 渡部は4月9日オンエアの『行列のできる法律相談所3時間SP』(同局)で、佐々木との結婚を生報告。平均視聴率20.2%、最高視聴率24.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字を叩きだしている。今回、生放送で2ショットを初披露すれば、“行列”を上回る高視聴率が期待できるうえ、今年のテーマである「告白 〜勇気を出して伝えよう〜」にピッタリ。正式発表が楽しみだ。

 渡部と佐々木は、芸人とモデルでゴールインした成功例。昨今、芸人は俳優、コメンテーター、作家、脚本家として広い分野で活躍しているせいか、高嶺の花とされるモデルを射止めることが珍しくなくなった。

 そんななかでも、およそ11年前のインパルス・堤下敦の場合は、衝撃だった。ファッション雑誌『JJ』のトップモデルだった土岐田麗子から06年、『踊る!さんま御殿!!』(日テレ系)の収録中に告白されて、交際に至っているからだ。

 堤下といえば先月、睡眠薬を服用した意識もうろうの状態で車を運転していたことが記憶に新しいが、バラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)に出演していたころは、“デブ枠”で大モテ。特に、新宿2丁目界隈のゲイから群を抜いた人気を得ていた。そんな堤下と“美女と野獣カップル”になったことで、土岐田はテレビ番組に引っ張りだこ。しかし、すれ違いを理由におよそ2年後、破局。堤下は11年、“はねトび”を通じて出会ったダンス講師と結婚した。

 同年に発覚したのが、ファッション雑誌『CanCam』の専属モデルだった舞川あいくと千原ジュニア。こちらは『全力☆が〜る』(毎日放送ほか)のデート企画がきっかけで交際に発展し、14歳の年の差も注目された。だが、翌12年に終焉している。

 鈴木紗理奈が地元の関西でモデル活動をしていたころ、真剣に交際をしていたのは、たむらけんじ。今では『めちゃ×2イケてるッ!!』(フジ系)でネタにされている2人だが、互いにバツ1。それでも、復活愛はないようだ。

 6股交際を報じられた狩野英孝の相手として、一躍時の人になった加藤紗里もモデル時代があった。そんな遊び人の狩野の女版というべきモンスターといえば、濱松恵。ここ数年で売名行為を繰り返し。表面化しただけでも川崎麻世、狩野、野球選手複数、エグスプロージョン・おばらよしお、東京03・豊本明長など、もはや売名クイーンと呼ぶにふさわしい。2歳から子どもモデルで、少女期は『ピチレモン』の専属モデルだった。

 これらの破局の理由はほぼ浮気まがい、だ。浮気といえば、今なおバラエティ番組でネタにされているのは、フジテレビの山崎夕貴アナ。交際発覚からわずか1週間後に、彼氏のおばたのお兄さんのラブホ浮気が報じられている。今、山崎アナはおばたのスケジュールを徹底管理。アラサー女は必死だ。

 そういえば、佐々木が結婚したのは29歳。今の山崎アナと同じ年齢。30歳までの駆け込み婚は、切実な問題のようで…。