9日に行われた広島対ヤクルト戦。試合は「10-10」で両チーム引き分けとなったが、同戦後の広島・佐々岡真司監督の発言がネット上のプロ野球ファンの間で物議を醸している。

 >>広島・佐々岡監督に「よくそんなことが言えるな」ファン激怒 “3戦30失点”投手陣に試合後苦言も反発相次ぐ<<

 同戦の広島は2回に一挙5得点を挙げるなど序盤から打線が機能し、6回裏終了時点で「10-3」と7点をリード。ところが、7回表に先発・野村祐輔が崩れ、無死一、二塁から山田哲人、村上宗隆に2者連続本塁打を浴び4点を失うと、8回表には3番手・塹江敦哉が3点を失い同点とされそのまま試合は引き分けに。野村の乱調をきっかけに、7点リードから勝ちを逃す結果となった。

 試合後、佐々岡監督は「こういう投球をしていると相手に勢いをつける。残念な投球だった」とコメント。7回の4失点が相手打線を勢いづけてしまったと野村に苦言を呈した。

 佐々岡監督の発言を受け、ネット上には「7点リードから引き分けじゃ怒られて当然」、「1番警戒しなきゃいけない3番、4番に簡単に本塁打打たれるのはいただけない」、「大瀬良(大地)、ジョンソンが不在で野村もこの調子じゃかなり苦しい」といった反応が多数寄せられている。

 一方、「本塁打打たれる前に野村を代えなかった方が悪い」、「何で継投しなかったんだ、前回登板の失敗を忘れたのか」といった苦言や反発も複数見受けられた。

 「同戦の野村は6回まで3失点と粘りの投球を見せていましたが、7回にヒット、四球で無死一、二塁のピンチに。前回登板の2日中日戦では同様の流れから5点を失っているため、この時点で継投した方がリスクは少なかったようにも思われますが、佐々岡監督は野村を代えることはしませんでした続投の理由について佐々岡監督は『連戦で中継ぎを使わないため』と口にしていますが、野村が4点を失ったことで結局中継ぎを3名起用する結果となった。それならば最初から継投策に入っておけば白星を逃すことはなかったのではと不満を募らせるファンも多いようです」(野球ライター)

 同戦を含め「26勝34敗8分・勝率.433」で5位に沈む広島。勝ちきれない試合が多い今シーズンを象徴する試合となってしまったようだ。

文 / 柴田雅人