プロレスリング・ノアは『DESTINATION 2021〜BACK TO BUDOKAN〜』2.12東京・日本武道館大会の全対戦カードと大会概要、『GREAT VOYAGE 2021 in YOKOHAMA』3.7神奈川・横浜武道館大会の第1弾カードを発表した。

『DESTINATION 2021〜BACK TO BUDOKAN〜 』

2021年2月12日 16時半開始
【第1部】
▼第1試合・タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央 vs 稲葉大樹&岡田欣也
▼第2試合・6人タッグマッチ
小峠篤司&宮脇純太&矢野安崇 vs 大原はじめ&YO-HEY&藤村加偉
▼第3試合・タッグマッチ
モハメドヨネ&谷口周平 vs 望月成晃&田中将斗
▼第4試合・12人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&藤田和之&村上和成&ケンドー・カシン&NOSAWA論外 vs 中嶋勝彦&マサ北宮&征矢学&覇王&仁王&タダスケ

【第2部】
▼第5試合・GHCジュニアヘビー級タッグ選手権
<王者組>小川良成&HAYATA vs 鈴木鼓太郎&日高郁人<挑戦者組>
▼第6試合・GHCジュニアヘビー級選手権>
<王者>原田大輔 vs 吉岡世起(挑戦者)
▼第7試合・タッグマッチ・NOAH GENERATION
丸藤正道&秋山準 vs 清宮海斗&稲村愛輝
▼第8試合 セミファイナル・GHCナショナル選手権
<王者>拳王 vs 船木誠勝<挑戦者>
▼第9試合 メインイベント・GHCヘビー級選手権
<王者>潮崎豪 vs 武藤敬司<挑戦者>
『GREAT VOYAGE 2021 in YOKOHAMA』
2021年3月7日 16時開始
神奈川・横浜武道館

【決定カード】
▼GHCタッグ選手権
<第54代王者組>杉浦貴&桜庭和志 vs 中嶋勝彦&マサ北宮<挑戦者組>
※第54代王者組4度目の防衛戦

 まず、緊急事態宣言の延長を受けて、2.12日本武道館大会は開始時間を18時から16時半に前倒しすることが発表された。丸藤正道副社長は「大会の中止も考えた」そうだが、ノアは感染対策をしっかりと行った上で、大会を開催する。20時までには終了しそうだ。

 また大会当日の正午をもって団体のロゴが変更されることも発表された。これに関して丸藤副社長は「プロレスリング・ノアは旗揚げから21年に突入しまして、11年ぶりの日本武道館大会を開催することになりました。プロレスリング・ノア、2月12日の正午をもちまして団体のロゴを変更いたします。これは武道館というひとつの目標としていた通過点にたどり着き、さらに新たな目標に向かって出航するという意味を込めてのものです。日本武道館大会当日、リングマットには新しいロゴが描かれております。どんなロゴになるのか楽しみにしていてください」と説明している。

 日本武道館大会の2部構成については「全選手を出したかったためで、(第1部は)ダークマッチではない。全試合が本戦」と丸藤副社長は語っており、ABEMAでは第1部をPPVで、第2部は格闘chでそれぞれ生中継することも正式に決定した。中継には豪華ゲストも登場するとのこと。

 平日の夕方スタートというのは勇気の必要な決断だったと思うが、ノアは選手、スタッフともに日本武道館大会に向けて走り続けてきただけに、コロナ禍も吹き飛ぶぐらいの熱い試合を見せてくれるはずだ。アフター日本武道館は横浜武道館が待っている。攻めるノアは日本武道館以降も続いていくだろう。

(どら増田)