2020年7月場所から2021年1月場所にかけ、4場所連続で本場所を休場(途中休場含む)している横綱・白鵬。16日、その白鵬が前日まで出場していた3月場所を途中休場すると複数メディアが報じた。

 今場所の白鵬は14日の初日・大栄翔戦、15日の2日目・宝富士戦に勝利し2連勝をマーク。ただ、2日目は取組後にそんきょをし直すなど、昨年8月に手術した右膝を気にするそぶりを見せていた。

 報道によると、白鵬は2日目の取組後に取材対応をせず国技館を引き揚げたが、翌16日に日本相撲協会に休場届を提出。同日に予定されていた阿武咲戦は不戦敗となるが、今後再出場するかは不透明な状況とみられている。

 白鵬の休場を受け、ネット上には「今場所は復活かと思った矢先なのに休むのかよ」、「2日目見て膝ヤバいんじゃって思ってたら案の定休場してしまった」、「元から15日間完走できるとは思ってなかったからやっぱりなとしか感じない」、「これでまた引退が近づいたな、もうまともに相撲取れる体じゃなさそうだし」といった反応が多数寄せられている。

 一方、「今回の休場には横審不在も影響してそう」、「場所後に横審が控えていれば、こんな軽々しい休場はしなかったのではないか」、「会合が開かれない予定だから休場したんだろ、横審も舐められたものだな」と、横綱審議委員会(横審)を絡めたコメントも複数見受けられた。

 「白鵬は3場所連続休場となった2020年11月場所後に、横審から内規で定められている決議の中で2番目に重い『注意』を受けています。そのため、今回の休場も本来なら厳しい追及は避けられないところですが、今場所は新型コロナの影響で先場所に続き場所後の会合は開催されない方向だと、協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が12日に明かしています。そのため、白鵬は『休んでも進退には影響しない』と考えて休場を決断したのではとみているファンもいるようです。ただ、16日昼ごろに一転して横審定例会の開催が決定されたため、初日から休場した横綱・鶴竜ともどもやり玉に挙げられる可能性が濃厚となっています」(相撲ライター)

 >>白鵬・鶴竜、3月場所で引退でも心配無用? 次期横綱と目される有力候補たち、早ければ5月場所後に誕生か<<

 報道で伝えられた師匠・宮城野親方のコメントによると、白鵬は今月中に右ひざの再手術を行い、7月場所で進退をかける意向とのこと。ただ、一部からは「7月場所になっても『まだ万全じゃない』とか言ってダラダラ延命しそう」という冷ややかなコメントも寄せられている。

文 / 柴田雅人