東京女子プロレスは27日、東京・新木場1stRINGで「スプリングツアー'21〜The Bullet〜」を開催した。メインイベントでは米国から凱旋帰国を果たした伊藤麻希が登場。6人タッグマッチで辰巳リカとの前哨戦を制し、ベルト獲りを猛アピールした。

 伊藤はAEWの3月7日(日本時間8日)、米フロリダ州ジャクソンビルでのPPVマッチに参戦。帰国後のオンライン会見で辰巳が保持するプリンセス・オブ・プリンセス王座への挑戦を表明し、タイトル戦が決定。4月17日の東京・後楽園ホール大会で戦う。

 2週間の自宅待機期間を経て、この日の新木場大会で3週間ぶりに国内のリングに立った。伊藤は山下実優、らくとのトリオで、辰巳、渡辺未詩、原宿ぽむ組と対戦。辰巳が串刺しヒップアタック、ミサイルヒップ、ドラゴンスクリューをたたき込めば、伊藤は飛びつきDDT、スイングDDT、伊藤スペシャルで応戦。その後、両軍が入り乱れ一進一退の攻防となったが、原宿を捕獲した伊藤が逆片エビ固めから伊藤デラックスに移行してギブアップ勝ち。前哨戦を制している。

 敗れた王者の辰巳は伊藤の眼前でベルトを誇示して退場。伊藤は「辰巳リカは先週、伊藤のことを『昔はとがってた。今は丸くなった。もっととがってかかってこい』って言ってたけど、確かに伊藤は昔とがってたよ。何でかって言うと、自信がなかったから。自信がないから、そうやって強そうなそぶりすんの。そんなダサいこと、今の伊藤に似合わなくない?そんなこと今はできないし、なぜなら今の伊藤麻希は自信と誇りを持っているから」と胸を張った。

 さらに、伊藤は「AEWに行って一つ気付いたことがあったの。伊藤麻希はやっぱり世界が認めるカリスマだったってこと!4月17日、このカリスマがベルトを獲るでしょう。そしたら東京女子プロレスは世界中から注目されるでしょう。そして、この東京女子プロレスを(日本)武道館、いや、さいたまスーパーアリーナ、いや、東京ドーム。いや、満員の東京ドームに連れていこうと思う!」と叫んでリングを降りた。

 AEWマットを経験し伊藤の意識が高くなったのは「東京ドーム」というワードが出たからことからも明白だ。辰巳はワールドワイドな伊藤を相手にどんなタイトルマッチを行うのだろうか。注目の一戦である。

(どら増田)