CyberFight傘下の4団体(DDTプロレス、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレス)による合同興行「CyberFight Festival 2021」が6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催され、トリプルメインイベントIIで秋山準がHARASHIMAを制して、KO-D無差別級王座のV3に成功している。

 試合は、秋山が花道でのヒザ、雪崩式バックドロップなどで攻め立てれば、HARASHIMAはファルコンアロー、スワンダイブ式ボディプレスなどで応戦。15分過ぎ、秋山はヒザ連打、エクスプロイダー、リストクラッチ式エクスプロイダーで怒涛の攻め。それをしのいだHARASHIMAはハイキック、リバース・フランケンシュタイナー、蒼魔刀、バズソーキックで反撃。しかし、スワンダイブ式蒼魔刀をかわされると、秋山がヒザ、リストクラッチ式エクスプロイダーを決め、最後はフロント・ネックロックで絞め上げると、レフェリーが落ちたのを確認して試合を止めた。秋山がさいたまスーパーアリーナという大舞台で防衛に成功した。

 試合後、バックステージで秋山は「DDTのアイコンと言われる人間は全部倒して、あとは誰か? 次、(DDT最強決定トーナメントの)『KING OF DDT』があるから、俺が優勝して、今日最後頑張ってた、50代でビンタをバンバン打たれる高木三四郎社長を指名します。なかなか、51歳であんなビンタ食らう人いないから。それでまだ立ってたから元気だよ。社長しながら、大変だと思うけど。そのためには優勝しないと」と大社長こと高木を指名。

 一方、敗れたHARASHIMAは「僕が返せなかったんで、レフェリーが止めたのは正解でしょう。強かった。今回僕が目標になったことがあって。秋山選手、僕より年齢上でもチャンピオンでやってるんで。僕も今の秋山さんの年齢くらいまではバリバリできるんだなと、一つの自信になったんで。悔しいけど追いかけます」とまだまだ諦め切れない様子だった。

 この試合を見る限り、秋山政権はしばらく続きそうな勢いと強さを感じただけに、DDTの選手の中で、秋山から誰が至宝を取り返すのか、今後注目が集まるのは言うまでもない。絶対王者と化して来た秋山を若い力に止めてもらいたいところだが、Mr.KO-DことHARASHIMAがこのような負け方をしたのは、ショックな出来事である。

◆サイバーファイト◆
『CyberFight Festival 2021』
2021年6月6日
埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
観衆 4800人(超満員)

▼KO-D無差別級選手権試合(60分1本勝負)
<王者>○秋山準(18分53秒 TKO勝ち )HARASHIMA●<挑戦者>
※フロント・ネックロック→レフェリーストップ。第76代王者が3度目の防衛に成功。

(どら増田)