プロ野球日本シリーズが20日、大阪・京セラドーム大阪で開幕した。今年はパ・リーグの主催球場から開幕したため、パ・リーグ優勝のオリックス・バファローズがホーム、セ・リーグ優勝の東京ヤクルトスワローズがビジターで、最初の2連戦が行われた。

【プロ野球日本シリーズ2021】
オリックス・バファローズ 対 東京ヤクルトスワローズ
大阪・京セラドーム大阪

20日
○オリックス(山本)4x-3(奥川)東京ヤクルト●

21日
●オリックス(宮城)0-2(高橋)東京ヤクルト○
(カッコ内は先発投手)

 初戦はオリックスが山本由伸、ヤクルトは奥川恭伸が先発。ヤクルト打線はオリックスのエース山本から、粘りに粘って球数を多く投げさせることに成功する。奥川は山本とは逆に、早打ちするオリックス打線を相手に省エネピッチングを披露。山本は6回、中村悠平に先制タイムリーを許すと、この回限りで奥川より先にマウンドを降りた。オリックス打線は奥川から7回、代打のモヤが同点弾を放つが、8回にヒギンスが村上宗隆に2ランを浴びてしまい、2点差で最終回へ。比嘉幹貴が3人で抑えてリズムを作ったオリックスは、ヤクルトのクローザー、マクガフから紅林弘太郎がヒットで出塁すると、代打のジョーンズが四球を選ぶ。すると、福田周平の送りバントをフィルダースチョイスで、無死満塁に。ここで宗佑磨がセンター前へ同点タイムリーを放つと、最後は吉田正尚がサヨナラタイムリーで、クライマックスシリーズ優勝を決めた試合に続いて、オリックスがミラクル劇で先勝した。中嶋聡監督は「最後まで諦めなかったのが勝ちにつながった」と選手を評価した。

 2戦目は、オリックスが宮城大弥、ヤクルトが高橋奎二の左腕対決。宮城、高橋ともに好投を見せて、投手戦になったが、宮城は8回に捕まり、青木宣親に先制タイムリーを許すも、先発7回2/3を投げ、被安打5、奪三振7、失点1の好投で降板。「少し荒れてしまっていた部分もありましたが、全体的には投げている感覚も良かったですし、バランスの取れたピッチングが出来ていたと思います。最後(8回)、粘り切れずに打たれてしまったところが悔しいですし、その前のフォアボールが響いてしまったんだと思います」と振り返っていたが、高橋は回を増すごとにギアを上げて行き、オリックス打線を翻弄。2戦目はオリックスが高橋に完封負けを喫している。

 日本シリーズは23日からヤクルトがホームとなり、東京ドーム(明治神宮野球場が使用できないため)で3連戦が行われ、どちらかが3連勝しない限りは、27日からは、再びオリックスがホームとなり、兵庫・ほっともっとフィールド神戸で2連戦を行い、先に4勝したチームが日本一となる。実力が拮抗しているだけに、最後までもつれる可能性が高い。

(どら増田)