2020年のプロ入りから中日でプレーし、昨季までに「14試合・.222・0本・1打点」といった通算成績を残しているプロ3年目・20歳の石川昂弥。31日に伝えられた故障情報がネット上で物議を醸している。

 報道によると球団はこの日、石川が名古屋市内の病院で精密検査を受けた結果「左膝前十字靭帯不全損傷」と診断されたことを発表。今後は医師やトレーナーの指示を受けながら治療に専念するというが、数カ月単位の長期離脱は避けられないとみられている。

 石川は今季「37試合・.225・5本・19打点」と右の長距離砲として頭角を現しつつあったが、27日・オリックス戦で走塁中に左膝を痛め途中交代すると、2日後の29日に登録抹消に。抹消を伝える報道では、立浪和義監督が「思ったよりあまり良くない状況で、1回検査をしようということ。すぐには(復帰は)無理という判断」と軽症ではないと示唆したことも伝えられていた。

 >>中日・中村紀洋コーチの二軍降格、原因は“裏の顔”? 不可解人事の裏にある立浪監督の思惑は<< 

 石川の故障発表を受け、ネット上には「いい感じに一軍定着しかけてたのに長期離脱はキツい」、「なんか聞きなれない名前の怪我だけど、靭帯損傷だから早期復帰はまず無理そう」、「打撃フォームが狂うみたいな後遺症もあり得そうだな…」と落胆の声が相次いだ。

 同時に、「宗は石川を壊した責任を取れ」、「宗のせいで石川が離脱に追い込まれるのは本当に理不尽すぎる」、「悪送球できっかけ作った宗のことはしばらく恨むぞ」と、オリックス・宗佑磨を非難するコメントも多数見られた。
 
 「宗は27日の試合の4回表、石川が放った三ゴロをダイビングキャッチするも、直後の一塁送球を一塁手・中川圭太から見て左方向にそらしてしまいました。中川は走路に左足を伸ばしながら何とか送球を捕球しましたが、打者走者の石川は急に目の前に出てきた中川との衝突を避けようとブレーキをかけながら走路を右に変更。この動きで左膝を痛め負傷交代となりました。このこともあり、間接的に石川をけがさせたと宗に恨み節をぶつけているファンは少なからずいるようです。ただ、宗の悪送球はダイビングで体勢を崩しながらも懸命にアウトを取ろうとした結果で決して故意ではないため、宗もけがさせたくてさせたわけではないといった冷静な見方も散見されます」(野球ライター)

 ファンの間でも様々な感情が渦巻いている石川の故障。一日でも早い回復・一軍復帰を願うばかりだ。

文 / 柴田雅人