28日に行われ、楽天が「0-1」で敗れた西武戦。二塁塁審・原信一朗審判の態度がネット上で物議を醸している。

 問題となっているのは、「0-1」と楽天1点ビハインドで迎えた5回裏でのこと。この回楽天は2死から山崎剛が右安で出塁すると、続く小深田大翔の2球目に二盗を仕掛ける。遊撃手・源田壮亮のタッチをかいくぐり二塁に滑り込んだと思われたが、勢いが強すぎたのかベースをオーバーランし、その拍子にベースから左手が離れてしまう。この後、山崎は慌てて右手でベースに触れ直そうとしたが、その寸前に源田から右肩付近をタッチされた。

 一連のプレーを見た原審判は山崎にアウト判定を下したが、その際に山崎に近づきながら、右手を下に振り下ろすアウトのジェスチャーを3回連発。うつ伏せの状態で顔を上げ原審判を見ていた山崎は、アウトコールを聞いた直後に地面に突っ伏すなど悔しさをあらわにした。

 >>楽天対西武戦、観客の妨害行為に「また起こったのか」呆れ声 昨年もロッテ選手が激怒、球団側は対策すべきと指摘も<<

 原審判のアウトコール3連発を受け、ネット上には「今の二塁塁審、アウトコールがちょっとしつこすぎないか」、「そんなに連発しなくても伝わるだろ…山崎のこと煽ってんのか?」、「選手を威圧するような態度をとる必要がどこにあるのか」、「判定を正確に伝えたい気持ちも分からんでもないが、節度ってもんがあるだろ」といった批判が相次いだ。

 今シーズンは今回の原審判以外にも、アウトコールが過剰だとして物議を醸した審判がいる。6月29日・阪神対DeNA戦では一塁牽制アウトを喫した阪神・長坂拳弥に対し、一塁塁審・福家英登審判が右手を上に振り上げるアウトコールを5連発。7月18日・ロッテ対ソフトバンク戦でも三塁に滑り込んだロッテ・角中勝也に塁審・村山太朗審判が右手を振り下ろすジェスチャーを4度繰り返し、どちらも行き過ぎた態度だとファンのひんしゅくを買っている。

 試合を戦う選手・首脳陣や観客が全員正しく判定を認識できるようにという意図があるとされている審判のジェスチャー。今回も含めた3ケースはいずれも際どいタイミングのプレーだったため、各審判は何回行えばはっきり伝わるか自身の裁量に基づいてコールを繰り返したとみられるが、あまり派手な動きをとるのも考えもののようだ。

文 / 柴田雅人