ブシロード傘下の女子プロレス団体スターダムが1日、『5★STAR GP 2022〜優勝決定戦〜』東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ大会を開催した。

 メインイベントでは、レッドスターズ1位の中野たむと、ブルースターズ1位のジュリアによる、昨年は日本武道館大会で髪の毛を懸けて闘った遺恨対決が実現。一進一退の攻防が続く中、試合はジュリアがグロリアスドライバーからノーザンライトボムを決めてカウント3。ジュリアが優勝している。

 試合後、ジュリアは「みなさん、今日はこの長い、長い、約4時間、最後まで本当にお疲れ様です。ありがとうございました。みんな、あの、大丈夫?お尻とか、腰とか、首とか、疲れてないですか?大丈夫ですか?我々選手たちも約2か月間、ここまで駆け抜けてきました。みんな、ズタボロな状態ですけど、みなさんのおかげで闘い抜くことができました。私もです。本当に、本当に、ありがとうございました!この超過酷な5★STAR GP制覇したということは、一つ、大きなことを言ってもいいでしょうか?」と何か言いたい様子。

 すると、「12月29日、両国国技館で年内最終戦があります。私は、そのメインイベントで試合がしたい。もちろん、赤いベルトを懸けて。その時の赤いベルトを持つチャンピオンに私は挑戦したいと思います。私はプロレスデビューして今月で5周年を迎え、スターダムに来てちょうど丸3年になって、でも、まだまだこれからですよ。これからジュリアがスターダム、いや、女子プロレス界の頂点に立ち、最高の景色を諸君にお見せしたいと思います!ついてきてください!そしてまたこれからもスターダム選手一同頑張って、またこの大きな大きな会場でお客さんがパンパンで入り切れないぐらい満員の状態にしていくんで、諸君の熱い応援、これからもよろしくお願いします!」と12.29両国大会で赤いベルトことワールド・オブ・スターダム王座への挑戦を表明した。

 ジュリアからすれば、その時のチャンピオンはライバル朱里であって欲しいはずである。

◆スターダム◆
『5★STAR GP 2022〜優勝決定戦〜』
2022年10月1日
東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
観衆 2543人
▼5★STAR GP 2022優勝決定戦(時間無制限1本勝負)
○ジュリア【ブルースターズ1位】(17分28秒 片エビ固め)【レッドスターズ1位】中野たむ●
※ノーザンライトボム
※ジュリアが優勝

(どら増田)